Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

雑談あれから1年

≫EDIT

アルバート・ピーコ(セキセイインコ)のその後の話をお知らせします。(前回はこちら
早いもので、6月でもう1年になります。我が家に来てすぐ病気が発覚し、闘病生活を続けてきましたが(誰ですか?死んだんじゃね?とか思ってた人わwww生きてます!生きてますよwww)

回復しました!!!(感涙)

不治の病とも脅されていたので、良かった。本当に良かった!
今日は元気になったピーコの様子をご報告します。



ピーコの病気が発覚したのは去年の7月のことでしたか・・・
当時の記事と写真から、回復した現在を見比べてみてください^^

現在のピーコの姿です。
病気と言っても、本人は至って元気で、羽が抜けて飛べないという症状だけだったのですが、今やすっかり羽抜けもおさまり、ご覧の通り羽も尾も生え揃いました!

ちょっと、画質が悪くて見づらいんですが、尾もかなり長くなってます。(尾がボサボサで乱れているんですが、毛づくろいが苦手な鳥もいるようで、ピーコは手入れが苦手なみたいです・・・というかしっぽまでメンテするのは面倒らしく「だらしない子」と先生に言われてしまった^^;)

昔の写真と比べるとその違いがよくわかります。
翼はけっこう前から生え揃い始めてたんですが、鳥って翼だけあれば飛べるってもんでもないんですね。
尾羽が飛行する上で舵取りにかなり大事らしく、これがなかなか伸びてこなかったため、飛び上がっても前に行けず、後ろに行ってしまうばかりでした。(それはそれで見てて楽しかったんですけど^^;←ヒドイ飼い主)

でも、今ではもうしっかり飛べます!!
かつては移動は徒歩だったのですが、今や移動は全て飛行です!本来の鳥の姿にやっとなれたという感じでしょうか。

病状の変化はその姿からも抜ける羽からも、陰転してることが伺えました。
もう羽軸も黒くありません。真っ白できれいです。
ちなみにこれは換羽の時に抜けた羽で、今ではむやみに抜けたりはしません。


ピーコのかかったPBFDという病気には、まだ積極的な治療というのがないらしく、飲み薬による治療をずっと続けていました。
←こんな粉薬を水に溶かして、これだけを飲み水として与えました。
この薬、こっそり私も舐めてみましたがw意外にも味はしませんでした。


病院には毎月1回通い、簡単な検査と薬を補充してもらうだけで、他に手立てがない・・・半年くらいそんな感じで続けてたんですが、羽は生えてもすぐ抜けるという症状は変わらず、飛べないという異常を除けば本人は元気だし、薬の効果も感じられなかったので、治療はもう止めようかとも思いました。
1ヶ月に1度とはいえ、鳥カゴ持って移動するってけっこう大変、そしてやはり通院費もバカにならないんだよね・・・^^;

で、治療は去年年内いっぱいでやめようと思ってたんですが、いきなり効果が現れたのは年が明けて今年に入ってからです。
抜ける羽の量が少なくなったのと、羽軸の黒ずみが薄らいできたこと、そしてピーコの飛翔レベルが高くなってきたこと!
これは先生も「おや?いい兆しですね!」と上々の診断。何でもこの病気の治療は半年がひとつの目安のようで、6ヶ月続けて陰転の兆しが見える場合も多いのだそうです。逆に2年続けても何も変わらない鳥さんもいるのだとか・・・。
ピーコはちょうど6ヶ月続けて7ヶ月目に入った時、症状の好転が見受けられました・・・先生、あんたビンゴだぜ。すごいわ。
効果ないと思ったけど実はあったんだね!というわけで、治療は止めず、もうちょっと続けることに。

2月に入って、羽もまったく抜けなくなり、羽も揃ってガンガン飛べるようになったので、最後にPBFDウィルスがなくなったかどうか血液検査をしようかという話になりました。
完全に陰転したかどうか調べるためですが、その検査方法というのが、注射器で採血しなきゃならんらしく・・・聞いただけで痛そうだったので、最後の検査はお断りしました。(´д`)ノ
だって、見た目にもう正常になってるのはわかるのに、これ以上調べても意味ないと思ったし。陰転がわかれば治療が終了、陰転してなかった場合でも、今まで通り薬を続ける方法しかないしね。
病原菌が潜伏してるかもしれないけど、うちは他の鳥飼う予定ないし、伝染させる恐れもないし。ここで止め時じゃないかなって。
何より、検査のショックで鳥さんが死んでしまったケースもあるという話をどっかで聞いてたので、これ以上ストレスを与えたくなかったのです。
てことで、最後に薬を多めにもらって、長きにわたる投薬は飲みきりで終了という流れに。
今月いっぱいで、薬はなくなり、ピーコの治療は終わることになります。

正直、半ばあきらめていた部分もあったので(完治はしてないのかもだけど)ここまで回復してくれるとは嬉しい限りです。
よかった。本当によかった!!
そして、励ましてくれた読者の皆様、鳥飼いについてアドバイスくれた皆様にも感謝します^^ありがとう!!

我が家のメタボ猫様とピーコたん。
ピーコは人が食べてる物を何でもほしがる、ちょっとイヤシイ子。
人に限らず猫の物までほしがる><
食事中のヌコ様を見つけるやいなや、即降り立ちおこぼれをもらう隙をうかがうピーコ。


ヌコ様のごちそう占拠!
ヌコ様はピーコがいると落ち着いて食べれないらしく、すげー迷惑そうな顔してその場を立ち去りました・・・
鳥に追い払われる猫ってのもどうかと思うんだけどね・・・優しい性格の猫でよかったと思います。
でも、キャットフードを食べる鳥は問題あり?!厳重注意です!


ちなみにピーコはオス確定のようで、おしゃべりも達者です♪

最初の発言は「オーマイガーッ!!(Oh my god)」でした・・・。

誰ですかこんなの教えたのは・・・私ですか。
次に覚えたのが「グッジョーブ!!」で、日本語喋ってくれません・・・さすがアルバート(´∀`;)
物覚えがよくって、短い言葉なら3日もあれば覚えて喋り出します。鳥って頭いいですネ!