Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

音楽♪TV♪動画夏休み自由研究)海外ドラマ感想文(その3)

≫EDIT

今年の夏は海外ドラマ感想をお届けします。どんどんいきます。
第3回目に取り上げるのは、

←「フラッシュポイント・特殊機動隊SRU」!!

知ってるかな~知らねーだろうな~?
なんつーか、お父さんが好きそうなドラマかもしれないですw





フラッシュポイント・特殊機動隊SRU
その名の通り、警察の特殊機動隊の活躍を、事件発生から解決までの様子を描く1話完結型ドラマ。
全米で、あの「CSI:」をも凌ぐ高視聴率を獲得し、
←デーブ・スペクター氏もハマッタらしいwww

私はこのデーブ氏の言葉にそそられて、見てみたのだが。
そしたら、彼の言う通りハマリましたw
デーブ嘘ツカナ~イ!


このチーム構成、いってみれば某ゾンビゲームでおなじみの、ラクーン市警・某STARSみたいなんで、そこに惹かれたってのもあるんですがw
いつもの私が「イケメン俳優につられて」とか、「火薬量が多いから」(?)とかの理由で気に入るのとは訳が違いますヨ!
これは純粋に内容が面白い!

特殊部隊の話というからには、鉄砲バンバン、アクション満載なのかと思いきや、実はそうでもなく。

このドラマの見どころはズバリ「交渉」!
いかに犯人を口説き落とすか!ってところにあります!!


というわけで、ドラマの大半は犯人との会話交渉するシーンで占められます。
銃撃戦やアクションは、ごく一部・ごく一瞬しかありませんので、派手なアクションドラマを期待するとガッカリするかもしれません。
↑私もそのクチでしたが、しかしこれ、交渉の様子が実に面白い!

事件を起こす犯人にも事情ってもんがある・・・それをどう読み取って、どう説得し、解決に導くか。
ストーリーとなる事件は、実際起こってもおかしくないリアリティがある。
普段は善良な市民が、何かに追い詰められて事件を起こす、などなど、事件はいつも凶悪犯によってもたらされているとは限らない、というのもミソ。
というわけで、交渉していくうちに、犯人の素顔も徐々に明らかにされていくのですが、そこがまた切なかったりするんだなぁこれ(´_`)。
中にはただの悪党な場合もありますが、多くは情状酌量の余地ありなかわいそうなエピソードを持つ人々なので、見てるこっちも「撃たずになんとかしてあげて~><」と思っちゃうくらいです。

交渉によって犯人の感情が揺れ動き、自体はどんどん変化してくので、言葉を投げかけるSRU隊員の一言一言にハラハラします!
派手なアクションはないのに、展開がスピーディであっという間に時間が過ぎちゃいます。
ほんと、デーブが言うように「何とも言えない緊迫感」があるドラマですw

つい先日、8/1より日本でもシーズン2がFOXCRIMEで放送開始されました!
要チェックですゾ~!