Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

シムBASARA毛利に受難訪れる!

≫EDIT

一家に1人は不思議ちゃんっぽいシムがいたりするものだが。
戦国シムバサラ町では、毛利がけっこう不思議ちゃんでした。
何か行動があやしい、挙動不審。
しかしそれには理由があった!
そして事件勃発です!!

今回はバイオハザードのあのキャラが重要人物として登場!
シムバイオ好きさんもぜひ見てみてネ^^



新しい屋敷に引っ越して、毛利の様子が何か変だったのです。

←皆が寝静まった深夜、なぜかこんな屋敷の”隙間”にいたりして・・・
一体何をやってるんだ君は??



そこに何かあるのか?

あれ?
足元に何かあるよね??


それはでっかい鶏肉(七面鳥)でした!!
あんた、家の死角にそんなもん隠してたんか?!

・・・何故?

ご馳走を独り占めするつもりなのか毛利!?


そして深夜、誰もいない台所で、七面鳥をこっそりカマドに入れ、料理を始める毛利。

この鳥を焼くという行為に、何かエクスタシーを感じてたっぽいです・・・。
(シムズにおいて、この紫ハートマークはエロの象徴w)
★カマド---8kSIMS

ほどなく美味そうに焼き上がった七面鳥。

1人台所で悦に浸る毛利。


毛利の不可解な行動はさらに続く!

自分で料理をし上げたものの、給仕まではしない毛利。
そんな仕事は捨て駒がやれと言わんばかりに、見知らぬ女性(そこそこ美人)に七面鳥を切らせ、配らせておりました。

・・・てか、どうしてそこにそんな女がいるのだ??

つか、一緒に席についているのは・・・エイダじゃね?!(@0@)

エイダだよね?いや、「バイオハザード」のエイダ・ウォンなんですよ彼女は!
何で?あんた達いつの間に知り合ったん?!
とにかく、この女シム人口が極端に少ない我がシムワールドで(笑)、美女を同時に2人もはべらすとは!!
なかなかできたもんじゃないよッ!

どうやら毛利は、皆が寝静まった頃、夜な夜な女性を連れ込み、豪華なディナーをとりつつ、女遊びをしていたようですwヽ(´∀`)/

日本的に言えば、芸者遊びか・・・?
高価な七面鳥を隠しておいたのもこのためか・・・?
むさくるしい野郎共に食わすには及ばないといったところか・・・?
隠し持ってた七面鳥は、豪遊のための切り札だったのか・・・?

しかし、毛利がエイダ姐さんを連れ込むなんて・・・意外w

エイダといえばバイオでおなじみの女スパイ。暗躍は数知れず、その色香にだまされた男は星の数・・・
エイダのここでの活動についてはこちらをご覧下さい。

こうして見ると、二人の会話も怪しく思えてきます。


あれ?
なんかエイダ姐さんに手握られちゃってますケドーーー?!
毛利先生、大丈夫ですかーッ!ヽ(´∀`)/???

深夜の戦国シムBASARA町には、急速な勢いで親睦を深めていく男女の姿がありました・・・!

明らかにデレデレな毛利・・・!!
相手がエイダだけに、どうしてもそう見えてしまうんですが、


やっぱり遊んでるというより、

遊ばれてるとしか思えないんですケドーーーー?!

大丈夫ですか毛利先生ーーー!???


しかし、これはほんの序章にすぎなかった!
これを機に今まで平穏に暮らしていた毛利の人生は一転するのです!
さあ!事件はここからが本番だ!!

普段はこんなクールを装う毛利先生ですが、、、、


見た目とは裏腹、エイダには、猛る想いを電話で吐露したり、

こっ恥ずかしい言葉をしたためた手紙つきのバラの花束を贈ったりと、、、

すっかり本気!
愛★うずまいてマース!!ヽ(´ω`)/


芸者遊びどころじゃないっすね?
それマジ恋しちゃってますよね毛利さん?!

どうやらエイダにすっかりご執心してしまったらしい毛利は、こっそり彼女と密会(デート)を重ねていたのです!

てか、いつの間にケータイ持ってんだよお前!!(`д´)


でもまあ、男シムだらけな我がシム世界で(w)ホモにならなかっただけ、凄いというか、マトモだったとも言えます。

しかし、恋愛にリスクはつきものでして。
まして、シムズは大人ゲーなので、、、、、

ある日、毛利の元にエイダが訪ねてまいりました。

・・・あれ?普段と違うその地味衣装は?
なんだかお腹が大きいですね?

そ、それってもしや―――!?(゜д゜)


できちゃったんですね★


衝撃のお知らせに毛利はこんなキョトン顔・・・www

×やや=少し
○やや=赤ちゃん(古語)ですよ姐さん。


明らかに喜んでないよねその顔。


しかし、毛利は潔く腹をくくる(?)決意。
そもそも柄にもなく内心エイダに夢中ですから、むしろ願ったり叶ったりでは?

バラサ町初の国際結婚なるかと思いきや、、、

だがしかし!
エイダ、拒絶!!


0110222-34.jpgエイダの願望を覗いてみると、毛利との結婚に-5000とかって、めちゃくちゃ嫌だったらしいwww

しかも単に「結婚が嫌」というのではなく、「”毛利とは”結婚したくない」とも読めてしまうところも悲しい・・・


毛利元就、プロポーズを即答で拒否される!

そんな様子をちゃっかり半兵衛が見てましたwww


さっそく秀吉に夜伽話する半兵衛・・・。

こうしてバサラ町中に「毛利元就!入籍拒否される(゚∀゚)プゲラ!!」という話が広まってしまったのでしたorz


男の立場と自尊心を傷つけられた毛利先生・・・(´д`)

エイダ・・・やはり魔性の女。
ちょっとした下心が招いた結果がこれだ。謀神もエロには勝てなかったというわけか・・・。

いや、手を出した(出された?)相手が悪かったのだ。


だって、彼女は恋愛マシーンだよ!?ラブマシーンwww

当然、毛利の他にも男はいて、ひくてあまたして恋愛を謳歌する人生を送るプロ(?)なのだ!


それに比べてこの人、ただのバカだよ?www

結婚してもらえないわけだな・・・


しかし、そんなラブマシーンな女だけに、本当に毛利の子なのか、実にあやしいのも事実。

というわけで後日、エイダが無事出産したと聞いた毛利は、真相を確かめるべく彼女の家へと向かったのでありました。


生まれた子は、女の子でした!!

美人なエイダ母さんが抱っこしてお出迎え。


果たして、毛利の姫子となるのか、これ如何に?!


めっちゃ顔が毛利に似てましたwww


毛利も思わず自覚。

どうやら我が子に間違いなかったようです・・・。

こうして毛利は、予期せず未婚の父になってしまいました。
計算してないぞ・・・!

次→「町にヲナゴがやってきた!」の巻