Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

シムBASARA対面!嫁 VS 幽霊

≫EDIT

現在シムバサラがマイブームですが、ここの管理人かなり芯の弱い人間なので、いつどこでパッタリ途切れるかわかりません。

続けられるだけ続けますが、完結を期待しちゃダメなんだからねッ!
てことで、続きです。



夫が姑と風呂に入ってた頃。

納屋で1人夜を過ごしてたナリ子の前に、あの女が現れました!



意気揚々と脅しにかかる幽霊ねねでしたが・・・

ナリ子は冷静でした。



もうリアクションもネタ切れよヽ(´∀`)/



どういうわけか、ナリ子だけはねねの姿や声がわかるようです。



これみよがしに、嫌がらせを始めるねねでしたが、今さらちっとやすっとのことで驚くナリ子ではなかった。



逆に幽霊にダメ出し。



ねねは豊臣家に自分の存在を知らしめようと、名前を告げて消えました・・・樽の中へ。




翌朝。
再び嫁を尋ねた夫に、ねねのことを教えるものの、



やっぱり信用してはもらえず。
ナリ子もすでに意地です。



そこに現れた余裕の姑半兵衛。



そこでねねの名前を出したナリ子。

半兵衛は、ねねを知らないはずがないのですが。



すっとぼけやがった半兵衛。

ねねの言う通りにはならず、ナリ子もガッカリ?
そしてまた放置される嫁でした。




食事時、三成は秀吉の前でもその話を持ち出しました。

すると秀吉の顔色(?)がにわかに変化。

食事もすでに戦国時代無視ですがご容赦^^;



半兵衛は何かはぐらかそうとしているようで?
明らかに挙動不審。



おまけに、秀吉はその場から逃げ出してしまったり!

やっぱりこの夫婦、ねねについて息子夫婦に隠していることがありそうです。



嘘か本当か、覇王は怖い話が苦手なだけ?

三成は複雑な気分になったとか。



次→「嫁と姑そして夫」の巻