Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

シムBASARA会談!怪談!階段!

≫EDIT

ダラダラ続くシムストーリーですが、拍手・コメントありがとうございます!
私的な判断としては、拍手数10超えたらその記事は成功と思ってて、更新意欲が沸いて来ますw
ええ、この世に10人見てくれてる人がいるなら、続けますとも!!
現在、拍手のコメにはとくにレスはいたしませんが、一言メッセージもとっても嬉しいです^^

ではでは続きです。





豊臣、毛利両家の会談は夜まで続きました。

結局、毛利は何しに来たんだか?
秀吉・・・ゴロ寝wwwこの人ホント何も考えてないっぽい。


親が出てきて、ますます話がヘンな方向になりつつあり?

どーでもいいが、金のなる木が夜になると眩しいですw



ナリ子は三成の言いつけ通り真実を告げているのですが。



真実を言っても信用してもらえないナリ子はかわいそうなのですが、幽霊は本当に見える時と見えない時があるんでしょうがないのよね(´_`)



しかも相手がねねというのがさらにマズイ。

秀吉を巡って三角関係だった半兵衛とねねですから、半兵衛は今さらねねの名を聞きたくないわけです。



なかなかに勘の鋭いナリ子。そこは謀神毛利の娘。

そしてこの顔である。



大人の勝手な事情で、もみ消されそうなナリ子の無罪。

頼りにしたい夫はマザコン・・・イマイチ自分の味方になってくれない。



そこでナリ子が献策。

どうにか三成にも幽霊を見せてやりたいと思ったらしいのだが?

突然の妻の大胆な申し出に狼狽する夫であった。



ナリ子に他意はないんだがw

三成はハンパにオトナの知識を身につけてしまったため、同じ布団で眠ることを妙に意識してしまったようです。



極度の緊張に耐え切れなくなった三成、敵前逃亡!!

今夜はというか、今夜もオトナの階段登れなかったみたいです^^;

この夫婦に初夜はいつ訪れるのか・・・??



次→「危険智将」の巻