Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

シムズ2EP限定オブジェクトを無理矢理使う方法

≫EDIT

これもかなり利用者を限定するチュートリだと思うんですが。
全てのEP導入済みの恵まれたシムズ環境の方には関係のない話です。
そんな人は今日はここでサヨウナラ(^ω^)ノ
私のようにEP制覇していない人への裏ワザです。

よく、ユーザーメイドの物品をDLしてくる時「これは○○データセットが必要です!」みたいな注意書きがあって、そのEPを持ってないからもらえなかった・・・ということはありませんか?

でも!あきらめないで~
SimPEでちょこっと設定を変えるだけで、ベースゲーム対応になることだってあるんです!
私はこの方法で多くのEP限定オブを使っております^^
本日はそんなEP限定オブジェクトをベースゲーム対応に変更する方法を記します。




←本日の例題はこちらのNajimuさんの食堂テーブル。
(Najimuさんも閉鎖なの?!ああ!また神が1人減っていく・・・(´д`)バックアップは必ずとってね!)

これはシーズンズ対応で、それがないと使えません。ということになってます。

私事ですが、ファイル整理してて気づいたんだけどね。もらってきてたのにEP限定品で、購入カタログに出てこずすっかり存在を忘れていたというものです^^;


これを誰でも使えるベースゲーム対応にしてみよう!
全てのオブで可能とは限りません(判別の仕方、注意については後述)
当然ながらリカラーファイルではできません

では開始。


SimPEの OBJD Tool を使います。
対象のファイルを開いた状態で、このツールを出します↓



するとこういう窓が出るので↓
窓内に出ているもの全てに変更を施します。

OBJDの分だけあります。今回のテーブルは3つですが、物によっては1つの場合もあるし、10数個ある場合もあります。

まず1つ選んで「OK」押。




で、さらに開いた窓の中↓
赤枠の中のチェックでEPの指定をしているので、ここを変更。

このテーブルは「Seasons」にチェックが入っていたので、「Basegame」にチェックを変えてcommit。

selectボタンを押すと、最初の小窓が開くので、次の1つを選んで同様にチェックします。

(※SimPEのバージョンによってこのへんの表記は異なります。0.73以前のバージョンではBasegameがUnknownと表記されています)


限定解除する方法はたったのこれだけ!
全部変更できたら、ツールバーよりsaveして終了!ヽ(´∀`)/オツカレ!!
これでゲーム内で設置できるようになりますたぶん。


OBJD Tool
ちなみに、ここでMotiveRating(体力とか心地よさとかの回復値)を変えることもできますが、ここでの変更はあくまでも購入カタログに表示される数値であり、実際には回復しません。(→実際に回復値を変更するのはBHAV、BCONでの設定が必要)

さらにちなみに、CatarogSortタブから、購入カタログにおけるカテゴリも自由に変更できます。たとえば、公共区画限定の物を居住区にも置けるようにチェックを変えることも可能。



限定解除ができる条件
まず3Dメッシュとテクスチャが揃っていることが大前提。

ためしにこのテーブルのGMDCを覗いてプレビューしてみると、ちゃんと表示されていました。
つまり、GMDCでプレビュー可能であれば、限定解除してもイケル!という目安になると思われます^^

逆にここでプレビューできなければ、上述のOBJDを変更してもゲーム内で使えないと思ってよいでしょう。
(あくまでも目安です)


今回のテーブルは、シーズンズで追加されたテーブルがクローン元となっているようで、それで要シーズンズ設定のままで配布されていたのだと思います。


テクスチャ使い回しの場合
メッシュはあるのにテクスチャだけがEP対応になっている(Maxisデフォルトデータをひっぱっている)ため、EP限定商品として配布されているオブジェクトもあります。
そういう場合もGMDCではプレビューできないので、ムリってことになりますが?

しかし!3Dメッシュがあるのだから、テクスチャ使い回しの部分を手持ちのテクスチャを使うよう変えてやる、またはテクスチャを自作すれば、ゲームで使えるようになります!

説明が長くなるので、これについてはまた次回ってことでー。(゚_゚)ノ



限定解除による危険性
物によってはEPによって追加された専用動作がつくオブジェクトもあります。
そういう物は上述の変更でゲームで設置できたとしても、行動ができない、または行動しようとしてエラーになるなどの不具合が出る危険性があります。

こういう場合はTTABで、対応しない行動を使えないようにするなどの変更をすれば、それなりに安全に使えるかと思います。たぶん。
TTABの設定についてはこちら参照
・全ての世代チェックを外す
・Autonomyの末尾を64にし、自発行動をさせない などの設定をして回避

または、TTAsより行動自体を削除する(上級者向け)
ま、放っておいてもそんなに問題はない・・・ようだけどねw


↑こういう理由からか、実はベースゲームでも使えるのにEP限定になっているという配布オブジェクトはけっこう多いです。
リスクは自己責任で、ものは試しにDLしてみるもんですナ!