Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

音楽♪TV♪動画知るともっとすごいあの5人組

≫EDIT

←あの5人組ていうのはこの人たちですw
今更この人たちの話してもいいですか?
こういうの興味ないわーって方もヒマならば読んでいってちょうだい。

私、芸能通でも何でもないんだけどもさ。
いまだにSuperJuniorのメンバーも覚えられないけどさw

彼らは5人組みだってのは知ってたけど、いつの間にか2人になってたじゃん?
それはどうしてなのかなって、ふと疑問に思ったんですよ。
で、何気に検索してみたら奥さんこれがッ!!スンゴイ事件になってたらしいじゃない?!(゜д゜)知ってました??

もう、GWは推理小説読むかのごとく、この事件の内容を漁るのにハマッてましたわwww
というわけで、その研究発表をしたいと思う。

これを知ったら、今大活躍の東方神起、見る目が変わるわよそこのアナタ!!

とっても長文なので本当にヒマな時、まったり読んでネ。
動画はリンク切れたらそれまでってことで。



<前置き>
私は東方神起およびJYJの大ファンてわけじゃありません。でも曲は好きだし、よく聞きます。
これはそんなライトユーザーが興味本位とネットで漁れるだけの情報と、個人的推測で綴ることなので、全てを鵜呑みにしないで下さい!!正確じゃない部分がきっとあります。

もし彼らを詳しく知るファンの方がここを読んでしまった場合は、お願いゆるして!先にあやまっときます!m(_ _)m
一般から見ればこう映ってるんだなー程度に思ってください。



ではヒァ~ウィゴー!!




まずはお父さんにもわかる東方神起の説明だ。

<代表曲>
←アニメファンなら「ワンピース」のOP(Share the World)を飾ったグループとしてご存知と思う。
あの彼らである(当時私は全然興味なかったので、最近知って驚いたwああ、あの曲もそうなのか!と・・・)


あの曲のこれは、こんな彼らが歌っている。一般的に代表曲はこれかなと
↓↓

モノマネとかでも定番。普通に社会生活してれば「あ~聞いたことあるある」という曲。
このハモリ・・・こやつらタダモノではない!と素人耳でもわかる、まさに神も目覚めんばかりの歌声である!
このグループには「5人各自リードボーカルができる」という優れた特徴がある。
だがしかし、歌だけと思うな。ダンスもすんごい。
↓↓
(参考動画---♪呪文-MIROTIC:メイキング映像、ダンス部分のみ)

この計算し尽くされたフォーメーション、立ち位置変更すらスタイリッシュなので、あえて1アングルだけのメイキング映像を貼らせてもらった。(完成PV映像はこちら←エロティック!!)
何でこんなに動けるの?と、眺めるだけでも面白い。

歌って踊れて!言ってみれば彼らは1人1人がEXILEなのだ!(゜0゜)14人モイラネーハムニダ!!
K-POPといえば歌と踊りだが、彼らのデ~ンス(DANCE)はK-POP界の中でも最もハードなレベルなんだそうだ。

そしてここに通うお友達は、私が何を言いたいかもうお気づきだろう?

チラチラ見える腹筋に地区B!!
ああもう!けしからん!(≧∀≦)ハアハア


わざわざ大文字にしてアホ丸出しだが重要な部分だ。
韓国スタアは日本スタアと違って体を鍛える傾向にある。
韓流なんて興味ねーよと言ってるお姐さんもこの事実を知れば7割方好奇心が動くに違いない。

←あの笑顔の貴公子ヨン様とて脱いだらスゴイことになっている!
(このミスマッチにはさすがにフイタが・・・体脂肪率3%くらいらしいぞ)

同じようにジャニーズボーイ達もチラリをやってくれるが、彼らの薄っペライ胸板とは違ったのだ!!(それはそれで大変良いのだが)


美しい声に甘い顔、なのに脱いだら

男!!OTOKO☆!!!(*゜д゜*)

(←写真はユノ氏)

最近カワイイだけじゃ物足りないと感じていた日本の肉食系アイドルファンの欲求は、彼らのこのセンセーショナルなギャップに喰いつかずにはいられなかった!!!(え?私だけ??)


何が言いたいかというとつまり、
日本でも東方神起は爆発的人気を得るのは当然、と言いたかった。。。


余談だが、ライブやコンサートで実際彼らを見た女性達はこぞって

「お肌ツルツルだった・・・」

とコメントを残すと言う・・・。
韓国人は肌がキレイというが、女性が敗北感を覚えるほど、この5人の男達はそれはそれは美しいそうです。



完全に話がそれた・・・ゲフン。
元に戻そう。すでにもう疲れた人はまた明日にでも読んでくれw



メンバーの顔と名前と役割(?)
立ち位置や写真でもほぼこの順番で映っているので覚えやすい。
↓↓

彼らはおよそ5年間、衣食住を共にし全ての行動を共にし団結していた。仲良し5人組としても有名でその微笑ましい光景は「東方家族」などと言われた。
とくにユノとジェジュンの2人(ユンジェという)は「夫婦」として公式。事務所からイチャつき自重命令が出るほど仲睦まじい姿が目撃されたという・・・。
ゆえに、この5人のチームワークが好きなファンも大変多かったようだ。

現在は左3人で「JYJ」という新たなグループを結成している。(名前をくっつけてチョンジェスなどとも呼ばれる)
右2名が現在の「東方神起」である(ホミン)。
・・・あれ?夫婦は離婚ですか??


さて、そんなアジアの純神、仲良し5人組が人気絶頂なところで分裂してしまったのはなぜなのか??
2009年にこんなことがあったらしい
↓↓
ひと目でわかる東方神起分裂の経緯
全然ひと目ではわからないんだが・・・^^;
興味を持った人はリンク先からじっくり追ってみてほしい。ここでは超ザックリお話する。

事の発端は、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が、事務所の専属契約に不服を訴えたのが始まりとされている。
韓国の芸能事情は日本とちょっと違って・・・というか一昔前のピンkレディのような、安い手取りで殺人的スケジュールという、俗に言う「奴隷契約」が問題になっている・・・それを3人は違法として「無効化」を訴えたのだ。
(見直しや緩和ではなく「無効」というのがミソである)

判決が出るまでの間は「仮処分」として、専属契約を無効にするというところまできて、別事務所と契約。
事実上3人は東方神起を離れ、残ったオトンと末っ子がそのまま東方神起を継続、という流れで今に至る。

5人メンバー間の問題は、
「一緒に出て行こう!」と言う3人と、
「いいや!行かない!」と言う2人で意見が分かれる。
事務所を出るか否かで揉めたわけだ。
カタチは違えど、当初はどちらも5人での活動を望んでいた様子ではある。

しかし、最終的に双方姿勢を譲らず結果、2009年紅白歌合戦(&CDTV)を最後の舞台に分裂した。
「東方神起」の名は事務所の専売特許であるから、出て行った3人はその名を語れず「JYJ」として新たなグループを作ったのだ。
(JYJとは3人の名前の頭文字・・・わかりやすいw)

まあ、この事件には他にも色々と腹黒い陰謀や思惑があるとかなんとかで、それはそれは大変らしいょ・・・ひとまず訴訟内容だけの情報を信じよう。




■2010年飛び出した3人の行方
事実上5人の東方神起は2009年で終わりを遂げた。
翌2010年は、事務所を飛び出したオカンと2人の息子達が大活躍だった。

2010年、日本ではエイベックスが3人を受け入れたため、もしかしたら日本だけで5人の東方神起復活できるんじゃね?!という期待が高まっていたそうな。

←この図を見ればわかるように、韓国では2人と3人で事務所が違うので無理だが、日本では同じである。

だが、この三つ巴の関係がなんとも不穏であった・・・



とりあえず、残った2人のことは置いといて。
この頃は3人も当方神起の別ユニットとして活動していたが、なんと!3人だけで東京ドーム公演までやってしまう!!(゜д゜)
3人でリリースしたアルバムはオリコン1位!!
彼らは歌だけじゃなく俳優としても頭角を現し舞台やドラマにも出演!

ジェジュンがドラマ「素直になれなくて」のドクター役として出ていたのもこの頃だ。
ああ!見たことあるわ~という人も多いだろう。この人よこの人!
↓↓

3:00あたりからざわ、ざわわ・・・w
ジェジュ~ン♪彼は本当カワイイ子ちゃんです^^

何となく事務所を出てスッキリしたような気もする3人であった。
なんかもう、3人でもいいんじゃね?的なノリ?
一方で5人の東方神起復活を待ち望むファンには複雑な気持ちもあっただろう・・・。
2人のことはもういいのだろうか?

2010年は、訴訟を起こした身でありながら大活躍する3人の一方で、ダンナと末っ子の2人組は(多少の活動はあったらしいが)休止状態に追い込まれていたのだ・・・(´д`)
5人の東方神起が活動を終えるやいなや間髪おかずして活動を盛んにしてる3人のやり方には、少々自重せよとは言いたくなる。
ハタから見れば、3人はもう5人に戻る気なんてないように感じられるが、それでもなお「東方神起は5人です!」的なことを言っていたというのだから、この言動の矛盾は正直、謎である^^;

それとも、「事務所を出たってやっていけるんだぜ!だから早くこっちへ来いよ!」という2人へ対するアピールだったのだろうか・・・?謎である。


ここでもう一度相関図を見てみよう。
←当然、東方神起の2人を持つSM事務所は、いい気分ではないですよネー^^;

3人が敵に回したSM事務所というのが、韓国でも最大手の芸能事務所(少女時代やSuperJuniorなどもいる)であったからさぁ大変だ!圧力が働いたと考えるのは素人目にも想像に難くない。
「わかってますよね?エイベックスさん?」といわんばかりに少女時代は2010年8月、エイベックスではなくユニバーサルから日本デビューしている・・・。

案の定というべきか、その年の9月、エイベックスは突如3人との契約を打ち切ってしまう!(理由=彼らの組んだCjesという事務所が893臭がするとのことであるが)

とにもかくにも、エイベックスが3人を放り出したことにより、東方神起5人復活の希望も地に墜ちてしまったのだ・・・(´_`)
(というわけで、エイベックスは非常にファンから嫌われているようだ)



だが3人はめげなかった!
エイベックスの契約が解除されると、3人は「JYJ」として正式にグループを結成する。

芸能事務所とテレビ業界は密接な関係であることは察しがつくだろう。
「お前ら事務所を敵にまわして生きていけると思うなよ!」と言わんばかりに、SM事務所のJYJ活動妨害(というウワサだが)が始まり今もなお続いているんだとかなんとか・・・!(゜д゜)コワー!!

JYJの3人は、今もなお日本での活動基盤を失ったままのため、日本のお茶の間にはめったに顔が出てこないようだ。
他の事務所が受け入れてあげればいいじゃないと思うが、それはそれ、SM様の報復が怖くてできませんよね~><
彼らはいわば「見せしめ」なのである。

てっきり私は3人は辞めちゃったのかなと思ってたんですが(失礼!)、そんなことになってたのねぇ~!
最近までJYJという名前すら知らなかったです。ゴメンナサイ



■3人の本心は・・・?
裁判中、情報は錯綜し色んな憶測も飛び交ったが、ファンが気になっていたのは彼らの本心である。
裁判に不利にならないよう発言を制限されていたのもあったろう。ゆえに依然としてメンバーの意志というものがハッキリ伝えられずファンはヤキモキしていた。
そんな時、3人が古巣を捨てた理由を歌ったのだ!
(ちょっとリリース時期は話の流れと前後するかもだが)
↓↓


え???何??

そう!結局KANE!!・・・ですか??(゚∀゚;)

スマンwww私にはそう思えてしまったのだが^^;

この曲の相手は事務所のことだと思われる。
結局のところ専属契約が気に入らなくてやったというよりは、

♪「借金して困ってしまって、事務所にお金かしてと言ったら断られたYO!都合のいい時だけ家族ヅラしやがって助けてくれないんだYO!あんなに仕事したのに経費で手取りがマイナスとかちょwなにそれおかしいだろオ~イェア!」というラップ
(ああー><ファンの方、もし見ちゃったら怒らないで~フザケテごめんなさい)

横領の臭いもして事務所に対する不審感がつのり、本当に事務所そのものがイヤになっちゃったんですね。
てゆか、誰ですか借金してたのはー!!!
そんな巨額の借金て!!まずそれが問題ありな気が・・・まったくもう(´∀`)!!

いや、お金は大事だよ本当に。
だからいいんだよ。彼らを否定してるわけじゃないよ!結局充分な対価をもらっていれば、彼らとて不満なんぞ出なかったろうしね。

あのKARAも事務所を相手に同じような分裂騒動になったという。こちらは「和解」で分裂には至らなかったそうだが。
JYJの3人が初めから契約の「見直し」ではなく「無効化」を訴えたというのもこういうわけか。サラサラ事務所に戻る気はなかったと。
契約がイヤというより事務所自体がイヤなので、抜け出すために奴隷契約を口実に使ったと・・・そういう見解でおk?

なので、東方神起の5人復活がありえるのならば、2人も事務所を出てくるほかなかったと・・・。

私はてっきり薬でもやって強請られてんのかと思ってたが・・・いや、ゴメン今のはなかった話で^^;


だが、2人は出てこなかった。一緒には来てくれなかった。

それはそれで、3人にしてみればショックだったかもしれない。
長年同じ釜の飯を食ってきた仲間が、それこそ家族だと思っていたのに、俺達より事務所を取るのかと、奴らと同じなのか、と・・・(´д`)カナシス


しかし、残されたオトンと末っ子にだって言い分(いいぶん)はある。

2人は「ここまでやってこれたのは事務所あってのことなのだから、契約は最後まで守るべき」として、残留を表明したのだ。
加えて、3人が最近始めたという音楽活動以外の投資事業(化粧品会社)もあやしいと見ていたとされる。
美容大国韓国では、昨今化粧品業界も熱いそうだ。新たなメーカーが名乗りを挙げては客取り合戦がヒートアップしているという。いわば流行産業だ。
そんな中、3人も新設された化粧品会社に投資を始めていたが、2人はしていなかった。
そんな怪しい活動のために東方神起の名は捨てられない、とまで言い放った。道理の通らないことにはついていかないという姿勢だ。

それとも、どうしても事務所を出て行けない理由が他にあるのか・・・勘ぐればキリがないので、ひとまずその考えは止めよう^^;

要するに。
仁を唱えた3人と、義を貫く2人といったところか。
仁に過ぎれば弱くなり、義に過ぎれば固くなる、オ~イェア!(by 伊達政宗)
どちらも白黒つけがたい。難しい問題である。><


(ただし。これらは全て彼らの父兄が代理で動いた裁判であることも念頭におかねばなるまい。韓国は日本よりずっと親の発言力が強く、いうなれば全員にりえママや和泉もとやママがいる感じだ。多忙を極める彼らが投資事業に熱心になっていたと考えにくいし、実際行っていたのは親だろう。名前を貸していただけかと思われる。ゆえに親の意見を尊重した結果・・・と思うナ私は!)


そんな事務所から出てこない2人に対し歌ったのかどうかは知らないが、JYJはこんな曲を打ち出した!
(歌詞に注目)
↓↓


「なぜ離せない?・・・何とも思ってないからだろう・・・お前は凄く冷たい・・・俺はこの生活から出て行く」

恋人との冷め切った生活に別れを告げようとする男の姿を歌った曲であるが。
作詞作曲も3人で手がけているので、事務所にしがみつく2人に対して歌ったと、多くのファンが勘ぐらずにいられなかった。(真相は不明)

Why can't you let IT go...?となってるところがもうねw
ここがmeだったら、彼らは自分らを引き止めたという意味になろうが、itなので自分達じゃなくて事務所を離さないという意味に思える・・・目的語をはっきりさせる英語ならでは解釈できる部分?

なぜ事務所を離れない?・・・俺達のことなんかどーでもいいのか・・・薄情だな・・・俺達もう出て行くよ!!

曲調もあいまって、どこか寂しい感じのする歌だ。
来てくれなくったっていいんだからネッ!・・・ツンデレか!
彼らの状況にシンクロしてしまうのがなんともなぁー。。。うーん^^;

しかし、いい曲なのは否めないね!
東方神起の時よりさらに聞きやすい。ちょっとノスタルジックな90年代のソウルポップみたいな感じだ。



■残された2人の行方
誤解があってはいけないが、裁判で争ったのは3人と事務所であり、残った2人に罪はない。むしろ契約を遵守しているのだから法的には正しい。

加えてJYJの3人は「仮処分」のまま裁判を中断したままでもあった。あくまでも「仮」の状態である。
上述の通り、3人にしてみれば「契約の無効化」が目的なのでこの時点で目標達成だ。下手に進めて痛み分けするような判決が下るより今のままのがよっぽどいい。
だがそのやり方では、今後の「東方神起」をどうするかにおいて話が進まない状態でもあった。いわゆる決着がついてないから「東方神起」は動けないという状況だ。

こうして「東方神起」として残っているユンホとチャンミンのホミン2人は活動休止に陥る。

この間、ファンも2分し、それぞれの擁護派とアンチがいて、ネットは大炎上し、何もしていないはずのホミンもアンチファンからバッシングを受けた。

ただのアイドルヲタクが騒いでいるだけと思うなよ?

東方神起のファン=およそ80万人!

最盛期80まんにーん!!(゜0゜)今はどんだけか知らないが、恐ろしい大所帯である。

←去年来日したワンチュク王のブータン王国の人口はおよそ70万人だ。

ファンの皆様が今まで5人に費やした金と時間と萌え魂を国内総生産に例えたら、ブータンのそれを上回ると言っても過言ではない!
ファンの声は無視できない国民の声に等しく、これは韓国芸能界をかけた国内紛争とも言えた!!

うーん!熱いナー!!(≧3≦)
え?盛り上がってるのは私だけですか??


・・・何の話だったか?


ええと、つまり、勝手に騒動を起こされて、何もしてないのに叩かれて、おまけに2010年はまるっと活動休止になったホミンにも大変な心労があったということだ。
まあ、言ってみればいい迷惑??^^;
やっと掴んだ栄光、ここで東方神起の名が廃れるのか?・・・ホミンの2人には怒りの思いもあっただろう。

強いて彼らに非があるとすれば、その名にこだわった事かも知れない。
納得いかないことがあれど、「5人」を望むより「東方神起」の名を守ることに重きを置いたのは否めない。

とにかくだ。
エイベックスは3人の契約を破棄すると、次は「東方神起は"2人で"活動する」と発表した。このへんもエゲツナイなぁエイベックスめ^^;

そして2011年1月、東方神起は第2幕を上げたのだ!
約1年ぶりに沈黙を破ったオトンと末っ子の、一発目の曲がこれである
↓↓


「俺はKeep it low、耐え抜いてこの場所を守る・・・why?あっさり別れを決めたんだ?・・・サヨナラだ!幸せにな!」

ああ!言っちゃったwww
寝起きに一発みたいなwいきなりこれである。・・・怒ってます・・・よね?^^;
途中、不思議な鳥除け目玉みたいな柄の衣装にも目が覚める思いだ。

オトン、嫁に対してついに三行半か!?

←てゆか、なんなのこの写真wwwふと検索でひっかかったので拾ってきたが、熟練夫婦のような雰囲気。

この曲は2011年紅白歌合戦でも歌ったし、この年ウザイほど巷で流れていた大ヒット曲だ。
フツーに聞けばただカッコイイが、こんな裏事情があったと知れば、さらに意味深げに聞こえてこないか?
(楽しんじゃってゴメンね><)
まあ、私も去年は全然知らないで聞いていたので、今になって驚いていますw

発表当時「離れた3人へ向けたメッセージじゃないの?!」と世間を騒がせたのはいうまでもない。事件を知る者が聞けば、最初から最後まで当てはまってしまう詩の数々。
これについて2人は、「そう思われても仕方ないが、あくまでも去っていく恋人がテーマだ」と語った。

そしてインタビューで3人について聞かれると、
ユンホ「契約に不満があったとしても、今まで一緒にやってきたスタッフ全員までも敵という彼らの態度は違うと思う」
とバッサリ言い切った。

3人に何かメッセージはあるかと聞かれると、
チャンミン「ない!」
さすがドS様であるwww

それにしてもチャンミンがすごい男前になっててビビッタwww成長パネェ!!
あの末っ子が男気ムンムンオーラをはなってるじゃまいかっ!
なんというか、この事件を経てオトナになったというか??
苦労を乗り越えて吹っ切れた男っていうのは、こうもかっこよくなるのかと、彼を見て思いました。ウン。

今まで5人の中で無口だったせいもあり、スポットが多く当たる子ではなかった。
でも2人になってクローズアップされた彼に新たな魅力を再発見したファンもいるだろう。
ユンホがかつて「数年後が楽しみな男です」と何かでコメントしたと思ったが、その予想が今当たったのではないだろうか。

分裂してから間髪おかず活動していた3人とは違い、1年のブランクがあった2人だ。
5人の東方神起の良さが知られているだけに、2人で大丈夫なの?やっていけるの?と世間の注目の的でもあった。
本人達も相当のプレッシャーであったというが、それゆえに考え、今まで以上に努力をした。
もちろん賛否両論はあるようだが、

大丈夫だ問題ない。(゜_゜b)

この一言に尽きよう。
かくいう私も、この2人を見てから「東方神起ってこんなにカッコよかったんだ?(゜0゜)」と興味を持ったクチである。
最近の彼らは、こんな事件があったなんて微塵も感じさせないほど、清々しい。
なんと言うか、2人からはパワーが感じられるというか!OTOKO☆POWER!!全開!!?
・・・ゲフン。吹っ切れたってかんじだよね。もう前に進むことだけを考えているんだろう。

そして今年2012年、2人の東方神起は、先日無事終了した日本ツアーで、韓国アーティストでは初の観客動員数55万人超えを記録したという。
売り上げはザッと見積もって1000億ウォンにのぼるという・・・約70億円!?(゜д゜)

5人の時より凄くなっちゃったってどうゆうこと!?^^;

どこかのカキコみで見たが、彼らのステージを見た人いわく「こいつらステージの上で死ぬ気か?!」と思うほど歌と踊りに気迫があったという。しょうゆうこと!

そして最近は男性のファンも増えているんだとか・・・(゜_゜)!


■JYJだって負けてません!!
上記2人の「why?」に対しての答えなのかはわかりませんが、2人の復活後にJYJもこのような曲を発表した
↓↓


「残った幸せを持って消えろ・・・バイバイ友情!!」

ああ!言っちゃったwwwヽ(´∀`)/
売り言葉に買い言葉か!まったくもう~お前ら何やってんだ!もっとやれwww

恋人と親友の裏切りで愛と友情を同時に失うという歌であるが。
事情を知る人が聞けば誰しも、2人へ言ってるみたいだと感じることだろう。おそらくそんな事もないだろうが・・・まあ、あってもいいじゃね?と私は思う^^

こんな事件があったのだから、こういう深読みは今後もされて仕方ないことだ。
だが、それでもいいじゃない?
お互い言えない立場なら歌にメッセージを託せばいい。得意分野じゃないかw
切ないバラードであれば相手に対する未練かな?とも聞こえるし、たとえそうでなくても、そう思うのはファンの自由であり、そう考えるとなお一層曲が奥深いものに聞こえる。

この事件によって、双方「ただの歌」ではなくなったと思う。知る者だけの暗号メッセージ・・・そんな風に勝手に考えるととってもステキだ♪


JYJの評価は高い。日本ではなかなかお目にかかれない状況が続いているが、韓国では相変わらずの人気をキープしているそうだ。
上述のとおり、彼らには敵が多いゆえ芸能活動に支障がある(歌番組にはまず出れないようだ)日本ではいまいち情報が掴みにくいのがとても残念でならない><
彼らの活躍をまとめた動画があるので貼っとく
↓↓

311大震災に寄付もしてくれている。ありがとうJYJ!!なのに一部のファンにしか知りえない情報だ。彼らはそれほどまでにメディアから締め出されている。
このままだと、東方神起とJYJの共演なんてのもありえないだろう。それどころか、SM事務所の歌手達と同じステージに立つことがまず許されないのだ・・・(TдT)

歌手なのに歌う場がないというのが何とも悲しいが、基本何でもできる人たちなので、俳優業でも賞を総ナメにしてしまうところがニクイ^^
なまじ才能がある彼らだけに、こちらも3人でもいいじゃん?と思わせてしまうから、素晴らしいことなのだけど5人組が忘れられないファンにとっては切なくもある。


5人が本当に仲良しだったのか、それとも事務所によって作られた偶像だったのかは知らない。
本物だと私も信じたいが・・・加えて人間て変わるものだしね。臨機応変に生きなければ。過去を引きずってはならない。ウム。

新たな道を歩みだした彼らは、今は考えられないだろうけど、お互い切磋琢磨した後にまた5人に戻ってくれたらいいなと思う。
あれだほら、ユンホとチャンミンが契約期間まっとうしたら合流すりゃあいいじゃんか^^・・・あと何年?4~5年くらいだよね?
まぁ、今のままの契約条件だと、円満退社しても東方神起の名は事務所に置いていかねばならないかもしれないが・・・

本当に仲良しだったら戻りますよね・・・5年後か10年後かはわからんが・・・きっと時間が解決してくれますよ・・・ね?
昔とは違ったスーパー☆5人組が見れることを願ってます♪



----------

<参考文献>
事実は小説より奇なり!ナマナマしい韓国の芸能事情が垣間見れます。
真実を求めて
JYJの真実
あと色々な個人ブログとか動画サイトとかを参考。

----------

<おまけ?>
←かつて(まだ5人だった時)こんなことを言ってた末っ子チャンミン。

スキンシップを露骨にイヤがられてお母さんショック!?


なのにあの子が今やこれだ!!
↓↓

ビバリとルイのマネですよね?お仕事・・・ですよね??www
それにしてもチャンミン、イヤがってるとはどうも思えないんだがー・・・

末っ子のオトン強奪作戦だったりしてネ・・・?w
最近は料理も頑張ってて、今ではチャンミンが立派にユノ氏の嫁を務めてるそうです・・・→【ニコニコ動画】彼らが意図しないところ
もう!どうゆうこと??
ユノ氏はKYなのできっと何も気付いてないwww



←一方でかつての嫁も・・・

なにゆえ3人で布団に包まる必要があったしJYJ!!(≧≦)

ジェジュンはジュンスとユチョンの名前をタトゥ彫っちゃったとかいうし(腰に)
男の名前彫るってアリですかwww


・・・このひとたち、もうヤダ(*´∀`*)
韓国人は素で刺激が強すぎます自重!!




当方神起「why?」ダンス練習
どんどん近づいてきますw
↓↓

これをダンスの先生が踊ったら背中を痛めたって誰か言ってたw
いつも真ん中に小物を置いてセンターを目安にしてるようだけど、ジュースだったりタオルだったり。今回は何かな?メガネケース?途中で蹴られてましたねw