Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

シムズ2縁側対応ソファ

≫EDIT

日本人なら縁側!つーわけで縁側に座るシムライフを考えてみよう。

以前、座布団イス(ダイニングチェア)を使った縁側対応イスをご紹介しましたが、ソファでもできます!

てゆか、こっちの方が高性能(?)で簡単ですので、シムを縁側に座らせたい!という和プレイヤーさんはぜひソファでお試し下さい!!

というわけで、以前のイスバージョンの記事はのちほど削除しようと思います(おそらく自分ではもうやらないと思うので。当時はまだ不明点があり色々誤解している部分がある記事です^^;読んで実際やってみた方ごめんなさい!)
これからの時代はソファで!ってことで!!(ノ´∀`;)


質問あればコメにでも入れといてください^^ただし、ここに記載の内容に関してのみに限ります。





※以下、あくまでも自己流な方法です。
これが正攻法とは限りません。
大して危険な作業ではないですが、ご利用は計画的にバックアップは事前に4649!



ここでの縁側に座るとはこういうことを指します。
↓↓
縁側として基礎やデッキの端っこに足を出して座っているように見せるというものです。
縁側に座っているわけではありません。あくまでも縁側に置いたソファに座っています。
(←画像はリビングチェアです)

後で説明しますが、シムが座る高さや位置、座布団メッシュの位置変更は、SimPEを使って自在に変更できます^^


通常、イスを基礎やデッキに置いただけでは、前方にタイルがないのでシムは文句を言って座ってくれません。

これはシムが座るまでの侵入経路を通常よりも後ろ側に変更すれば解決できます。
これもSimPEを使って変更できますのでご心配なく!


以前、お伝えした座布団イスはダイニングチェアで、座標設定が少々シビアという問題がありました。
色々試してみた結果、ソファの方がシンプルかつ使い勝手がいいことがわかったので、これからはソファでいきましょう!ってことで。
昔の話は忘れましょう!!アハハ!!(ノ≧3≦)


では参る。


縁側対応ソファの作り方
ソファにはシングル(リビングチェア-1タイル)とダブル以上(2~3タイル)があるので、お好みに合わせて使い分けしましょう!
タイル数によって細かい座標設定とか違ってはきますが、やり方は一緒なので応用してネ!


<手順>
1.ソファのクローンに好きなメッシュを入れる
2.BHAVでウォークスルー設定
3.CRESの大改造
    3-1:親子の独立化
    3-2:座標設定


2番と3番はどちらを先にやってもOKです。
2のBHAV設定は、やらなくてもいいかもなんだけど、3のCRES座標設定を自由に決める場合はやっておいた方が後々面倒がないです。
3のCRESでは、ダイナミックに大改造をしますヨ!


では実践!いざ参る。


1.ソファのクローンにメッシュを入れる
今回はちょっとネタをひねってみますww
「座れるオブジェクト」を作るわけですから、使うメッシュは何も座布団系じゃなくてもいいんです。
たとえば、こんなふうに↓

↑急須です!!急須がソファですお!
まさか急須に座っているなんて、家康さんだって気付きません!このさりげなさ、いいでしょ?(゚∀^Y)
ソファのメッシュを急須メッシュに入れ替えてみた例です。急須をクリックすると通常のソファのメニューが出ます。

てーことで、


個人的好みでラブシートの方が便利なので、2タイルソファで説明いたしまっする。
(1タイル、3タイルソファでもやり方は同じです)

今日はMaxisのくたくたなラブシート(2タイル)をクローンして、そこにこちらの1タイル急須メッシュを入れ込みます。

使うメッシュは何でもいいです。招き猫だってかまいません。
座布団ぽいメッシュを使えば座布団に座るような感じになるでしょう。そこはお好みで。



このメッシュの入れ替えは毎度のことなので説明は割愛。
(もし、このへんも説明ほしいという方がいればコメ欄にでもリクエストしてください^^)
→後日、メッシュ入れ替え方法を書きました。


で、メッシュを入れたということで。次↓



2.BHAVでウォークスルー設定
今回のポイントはこのBHAVです!
シムがこのソファをウォークスルーできるように(通り抜け可能)します。
何で?と思われるかもですが、これはCRESの座標を自由に変更するために必要な設定になります。
(やらなくても出来ることは出来るんだけど、やらないと後のCRESで座標決めがシビアになります)

とにかくBHAVを見るべし↓
BHAVの「Init」とついたものを選択。
これにウォークスルー設定を追加します。

たぶん0x2(2)行が最終になってると思うんで、その0x2(2)行をクリックして選択しておき、①→②と押していきます。
SimPEのバージョンによってはボタンの表示が違うかもしれません(画像は0.73です)が、Insert/trueみたいなのを押すと一行0x3(3)が追加(0x2のコピー)されます。

③ OpCode:は0x0002、
TrueTarget:はReturnTrue、
FalseTarget:はError、になってることを確認、違ったらこうして

④ 「”」ボタンを押すと別窓が開くので、

⑤ 開いた窓に以下のコードを記入する。これが通り抜け可能化(ウォークスルー)のコードです。コピペでもしてください。

08000300000903070000000000000000

すでにコードが入っている場合は↑に書き直しちゃって。
右の表の下に「allow object and person intersection」って出てれば成功です。
commitしてセーブ。
以上でBHAVの作業は終了っす!


<どうしてこうするの?的な説明>
前方にタイルがなくても座れるようにするには、後でCRESでシムの侵入経路(route)の座標を変えてやることになるのですが。
その時、メッシュが占有する座標領域とrouteの座標領域がかぶるとエラーになります。こうなると普通の場所に置いた時でもシムが文句を言って座れなくなります(他にも原因があるっぽいが)
よって、メッシュの位置を無視して自由に座標を変更できるようにするためにこのBHAVでウォークスルー設定をします。

ほら、例えばバスマットはシムが踏みつけて歩けるじゃん?ちょうどそういう感じにスルノデス!
これはバスマットにする設定に近いと思って下さいw

またこの設定をすることで狭い縁側でも使えるようになります。たとえば基礎1個分の幅しかないような縁側に置いても通り抜けできるので、シムの通行を邪魔しません。バスマット感覚だからw
そして他のオブとも重ね合わせ可能になります。バスマット系だからw

<注!>ただし、シムがこれに座った時でも他のシムが通り抜けしちゃったりもしますがご了承。

今回に限らず、だいたいのオブ全般に使えるコードなので通り抜けしたいオブがあれば、やってみるといいですゾ!これ、意外と万能です。(゜0゜)ワオ!!
(できない物もある)





3.CRESで大改造
さあさ!やってきました毎度おなじみのCRESのコーナーです!
今回は大胆に変更しちゃいます!

ではCRESを開きましょう。


3-1:親子の独立化
まず、座標をいじる前に。
デフォ状態をヒエラルキータブから見てみよう↓↓

practical=オブジェクト(メッシュ)の位置、slot=シムが座る位置、route=シムの侵入経路

CRESは親子の関係が重要!親が動けば子も動くという仕様なので、このままではメッシュの座標をいじれば、座る位置も侵入経路もあわせて動いてしまうという結果になります。
中にはメッシュだけもっと前に動かしたいとか、シムの位置だけずらしたいとかいう場合もあるでしょう。そんな時この親子関係では厄介です。
動かした分だけ差異を考えて座標を決めてもいいんですが、それは非常にメンドクセーので、

全部独立させます!

今日のポイントその2です!こうすることで、座標は個々にいじりたい放題です!!(゚∀゚)ヤッホウ!!
<注!>めんどくさいのでこうする、というだけなので、絶対に全部独立させないとダメってわけじゃないです。これ俺流ね^^;

というわけで変更後がこう↓↓

まずは座標は気にせず、親子関係だけを見るべし!
さっきと違って全部独立しているのがおわかりでしょうか?

全て0x0の直下にし、子を外したので、座標をいじっても一緒に動いてくる子がありません。
こうしておくことで、個々の座標が考えやすくなると思います。
というわけでダイナミックにヤッチャッテ下さい(゚_゚)ノ

親子の設定・解除の仕方は以前にも説明した・・・気がするので、おさらい程度にザッと流れを載せときます。
わかる方はパスして次へ進んでちょ。
↓↓
子の外し方

シングルソファや3タイルソファだとその分slot_とrouteの数が違うと思うが、やり方は同じです。
とにかく0x3以下の子を全部外しちゃいましょう!


この時点では、commitだけして本セーブはしない方がいいです。(してもいいけど。しちゃうと混乱するときがある^^;)
本セーブしてリロードしない限り、CRESヒエラルキーは変更されません。

←外したら、全て0x0の子にします。

これもシングルと3タイル用で数が違うと思うが、やることは同じです。
とにかく全部0x0直下の子にします。

最後に本セーブしてヒエラルキーから確認。
0x0以外は子を持たず、全て0x0直下になっていれば成功です!






3-2:座標設定
あとは個々の座標設定を好き放題設定しましょう!

メッシュの位置を変更したい場合は practical を、
シムの座る位置を変更したい場合は slot_ を、
シムの侵入経路を変更したい場合は route_ を、それぞれいじります!
どれからやってもOKだし、動かす必要がなければいじる必要もありません。



<メッシュの位置変更---practical>
←今回は元のラブシート2タイルオブジェクトのところに、1タイルオブの急須を入れたので、位置的にはこうなってます。

これを「急須を真ん中にしたい」なんて場合はCRESでpracticalの座標をいじります。

CRES内部はすでに独立しているので、ここの座標変更はメッシュ(急須)だけが動きます。
もちろん、使うメッシュによって動かす必要がなければ、この作業はしなくてよしです。



←CRES内の0x3:practicalを選択しましょう。
使うメッシュとの兼ね合いを考えて、座標は自由に決めましょう!

親子関係がない場合、1タイル幅は1座標分で、半タイルは0.5です。
よって、2タイルの場合、真ん中がX=0.5です。
今回は横にずらしたいだけなのでXの座標だけを0→0.5にしてみましたが、YやZをいじることも可能です。

←たとえば、座布団系な場合、縁側ギリギリにもうちょっと前に出したいなんて時はYの座標をいじります。
プラス側に数値を増やせば前に出る、マイナスなら後ろに下がるという具合です。

同様にZ値は高さを決めます。高低させたい時はZをどうぞ。


もし角度を変えたい場合は、Rotaionの座標を記入します。(例えば90度向きを変えたい場合はZに1を記入し、Angleに90と記入する。真横に倒した感じにしたい時はYに1、Angleに90みたいに・・・)
ちっと私の脳では3次元はついていけないので、角度は自分でお試し下さい^^;




<シムの座る位置変更---slot_>
今回は「縁側対応」の話なので。
デフォの状態だとシムが座った時、足が前に出ません。シムがもっと前方に座る必要があります。
←この画像はすでに高さ変更した後ですが、高さも床面に座ってるように低くしなければなりません。

その調節がslot_の座標です。



ではslot_とつくものを選びましょう。
シングルならslot_0のみ、3タイルソファならslot_0、1、2と3つあると思います。

ここも数値は任意ですが、Y=0.3くらいにしてやると、ちょうど基礎デッキから足が出るかんじになると思います。

Z=-0.45はおなじみの床の高さです。

今回のこれはXはデフォのままですが、必要があればXもいじってもOKです。
このへんの調整は実際ゲーム内で確認しながらお好みで調節しましょう(^_^)/。


<注!>2タイル以上のソファの場合、デフォの距離感を保つように座標を決めるのが無難。たとえばslot_0と1の距離を離しすぎると、イチャつき行為等が見た目におかしくなります。(おかしくなりますがエラーではありません)




<シムの侵入経路を変える---route_>
前方にタイルがない場合、シムが座れなくなる可能性があるので、シムが後ろから回り込むように侵入する座標に変えてやりましょう。
侵入ポイントを指定するのがroute_です。

ただし、ソファの場合は、前がダメなら横からすべりこんで座る特徴が元々あるので、いじらなくてもいいかもしれないです。
ゲーム内で確認してみて、縁側に置いた時そのまま座ってくれるようなら完成として下さい。

もし座れなかった場合や、いかなる状況下でも確実に座りたい場合は以下のようにroute_の座標を変えてみよう。
↓↓

全てのroute_の座標をオール0.00に!www
なんてやっつけ感w

←メンドクセーのでこれでいいじゃんwって感じで・・・。

こうすると(0,0)の部分めがけてシムは座りにやってきます。
つまり、タイル0さえ床にあればシムは座ってくれます。2マスソファであろうが、タイル0の中心が侵入ポイントです。


シムが座るためには、だいたい半マスくらい床スペースが必要っぽいんですが、これであれば前後左右どっからでも0.5座標は確保できるので、イケルと思います。

ちなみにnとかeとかwとかは方向です。NEWSで北東西南で前右左後を表現しています。
ソファの場合はS(南・後)のrouteがありませんが、そういうのもガン無視でいきましょう!・・・全部(0,0)だからもはや方角など関係ありませんwww

<注!>座るまでにワープしたりと多少カオスな見た目になるかもですがエラーではありません。


もうちょっとスマートにしたい人は、こんなふうにタイルごとに侵入経路を変えてやるといいかもです。


route_1とつく方のX=1.0にしてみた例。
タイル0に座る時は(0,0)の位置に、タイル1の座る時は(1,0)の位置・・・つまりちゃんとタイル1側にシムが来て座ることになります。
この場合は、タイル0とタイル1が床に乗っていることが前提になります。

あくまでも座標は一例です。routeの座標も自由に決めてOKです。
先にBHAVでウォークスルー設定をしているので、どんな座標を入れても問題ないと思います。たぶん。
ただし、routeはシムが歩く場所なので、ゲームで配置した時タイルや地面の上になる設定でなければなりません。

あとはセーブして完成としましょう!


というわけでこうなった
↓↓

このカモフラージュっぷりwなかなか見事でしょう??^^
あくまでも急須だけがソファです。チートも不要で縁側にポンと置くだけで座れます。
こんなふうに他のオブとも重ねると楽しさ倍増!

また、ソファなので仮眠もできちゃいます♪縁側でお昼寝なんてのも可能です。
BCON編集も施せばMAX仮眠できる縁側ベッドっぽい使い方もできるので、ぜひお試し下さい!)

アッ――!
何せソファなので・・・縁側で白昼堂々イカガワシイ行為に及ぶこともあるかもなので、ご注意下さい・・・(´д`)

次回はこの改造を元にした色々レシピを紹介予定だぞっと☆
お楽しみに~♪(^∀^)ノ