Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

バイオ6プレ記クリス編(2-2)

≫EDIT

バイオ知らない方のために歴代バイオについてザックリおさらいできる動画↓

3→4への技術革新がすごいww

バイオ1からはや15年・・・歴史を感じますね・・・25歳だったクリスも今期6では40歳になり、隊長という役職について貫禄を出しています。
彼のこの武勇伝により「クリス・レッドフィールドは生きる伝説」とまで言われ、今や若者の間で尊敬と憧れの眼差しを向けられるスーパーヒーローなのです!(≧∀≦)ノ

前回はそんなクリスを巡り、その嫁(自称)ピアーズとその座を狙う新人フィンの抗争が繰り広げられたところでタイムオーバーとなりました。今回はその続きです。
我が家ではもはやプレ記でもなくただの妄想パロディですが、実際のシナリオは極めてシリアスなので誤解なく!

※ネタバレ
※表向き健全なブログを目指してますがそこはかとなく腐臭がしてます



それは年の瀬の寒い冬の日の出来事。
ドキッ☆男だらけのクリスマス・イヴ!を敢行していた時のこと。

突如、この戦場に高らかに響き渡る清らかな声があった!

紛れも無くこれは女性の声!
女だ!女が現れたぞ!!



しかも降臨したのは、普通の女ではない!

美の女神シェリー・バーキンである!!



その姿たるや戦場に咲く花のごとし!

異性の登場・・・血生臭い戦いに明け暮れ、女の子のニオイなんてもう何ヶ月も嗅いでないよねというようなBSAA隊員達・・・女に飢えた狼の集団と言っても過言でもないかもしれない・・・そんな彼らにとって、これはかなりの刺激だったに違いない。

しかもクリスとは、面識こそなかったようだが妹クレアという共通の話題を持ち合わせていた。
まさかこの美女が!?まさか俺たちのキャプテンに!?まさか絡んでくるのか!?(゜д゜)・・・ピアーズやフィンをはじめ、そこにいた隊員たちの誰もが危惧し、思ったことだろう。

「このアマ!俺達の隊長を誘ってんじゃねーよ?!」
と・・・。



だがしかし!
クリスにとって彼女は眼中になかった。

クリスが興味を持ったのは、連れの男の方である!

・・・ガチめ!!(≧д≦)


しかし、これは仕方ないのですよね!
だって彼はあのウェスカー様の息子なんだもの!!
この時点でクリスはまだそれを知りませんが、知らないのに一目見ただけでジェイクに何かを感じ取ってるところがすごいですw


なんでもないと言う時ほどなんでもなくないことをピアーズは知っていた。
よって、クリスがこの傭兵に心動かされたことに彼は気づいてしまうのだ!

クリスに落ち度があったとすれば、女房の前で他の男に気を取られてしまったことであろう。



事態は恐ろしいことになった!
もはやバイオテロが、B.O.W.がとかいう場合ではない!

愛しの隊長を得体の知れない通りすがりの坊主頭などに取られてたまるか!

こうしてピアーズとフィンは、新たなライバルを迎え、必死に戦うことになる。




ここは冒頭で出会った巨神兵みたいなオグロマンが再登場。
しかし、今度はジェイシェリとクロスオーバーして戦えるんですよね!
オグロマンは大して怖くないんですが、ちょくちょく仕事を邪魔しに現れるスナイパーが厄介でした。

しかしオグロマンよりウェスカーJr.を目で追ってたクリス。



ところで、この時アルファチームはピアーズとフィンしかいないんですが・・・?みんなどこ行ったの??

クリスはもう若くないんだから・・・おじさんに無理させないで。



で、何とかオグロマンを撃破して。
その後の対話シーンをご覧ください。


ジェイシェリ組と別れる時には、引き止めちゃうくらいクリスはジェイクにご執心しなさってた。



だが相手はあのウェスカーの息子である。一筋縄ではいかない!

jarheadとは米兵がよくやるサイドを刈り上げて四角くなったヘアスタイルのことで、形がjar(魔法瓶)に似てることから軍人を「頑丈だが中身は空っぽ」という意味で小バカにする言い方でもあるらしいです。



なので、嫁は怒ったわけですね。

BSAAは軍隊じゃないですが、そういえばピアーズは陸軍出身で、髪型もjarheadに近い、というわけで自分をバカにされたと過剰反応してしまったのかもしれません。



しかし、ここでのクリスは冷静な隊長そのもの。
カッとなるピアーズは感情的で熱いです。
個人的には、クリスに制されてグッと不満を飲み込むピアーズが好き^^

こんなふうに、ピアーズ・ニヴァンスという人は仕事は冷静にこなすが、けして大人しい男ではないという性格がうかがえます。



直訳だと「俺たちはBSAAの目的を見失ってはいけない」

しかしこの名言が、あとで墓穴を掘ることになるんですよねクリスったら><



そして新人フィン子の憎たらしいこと!!!

隊長には言われても、お前には言われたくない!!ってところでしょうか。
フィンちゃんは気弱そうに見えて、実はけっこう怖いもの知らずですよネ・・・というか本当に知らないんでしょう。何せ新人ですから、修羅場を知らない。

これからその災難がやってくるとも知らず・・・(´д`)!!




ジェイシェリを見送って、BSAAチームは市庁舎とかいう場所へ来まして。

これ、歴代バイオプレイヤーなら「おっ?」と思っちゃうよね!
初代のあの洋館に何となく似てる気が・・・!

そしてここで!!惨劇が起きてしまうのであーる!!



建物を調査しに奥へ進む一行。

そこで遭遇したB.O.W.にも、ピアーズはウサ晴らしをするかのごとく果敢に戦っていた・・・。

だが真の敵はこんなB.O.W.じゃあない。



奥の部屋にはスペシャルゲスト、パート2がいた!

美魔女☆エイダ・ウォン(自称)である!!

その色気たるや戦場に現れた壇蜜のごとし!
これがウワサの「青エイダ」である!エイダ現るところに事件あり!!


エイダが長年絡んできたのはレオンの方であって、クリスとの共演はこれが初めて!
レオンからちょっとは話を聞いてたりしないのかなと思いましたが、あのレオン様が女性関係の相談をクリスになんかするとは思えませんね(逆はありそうだがw)
よってクリスは彼女の名前を聞いても、誰であるかもわからないという流れでした。

エイダ・ウォンを知らない・・・ある意味クリスにとって最大の落とし穴だったとも言えるでしょう・・・。


男の胸毛は見飽きてるけど、女性の胸の谷間なんかもう何ヶ月も見てないよね、というような男所帯のBSAA隊員達にとって、彼女の装いは強烈な刺激だったに違いない。



だがしかし!
隊員たちが目のやり場に困る中にあっても、BSAAのエースはブレなかった!!



青エイダさんから「ネオアンブレラ」の情報を聞き出した一行は、彼女を保護して進むことになりまして。


ま、あのエイダが保護を求めるなんて怪しいことこの上ないんですが・・・



しかしなんだ。今回はNPCが不死身なので護衛する必要も何もないんだけどねー。
逆に己の保身第一に考えられるので良いんですが、バイオ4みたいに乙女を守る要素や、バイオ5の時のような相棒システムも今となっては恋しいです。



そして気づけば、エイダの姿がなく・・・!
ほらきた!!

この時、なんかもうストレス限界みたいな、すごい剣幕でフィンを怒鳴りつけるピアーズ。
でもお前も「目を離すな」ってクリスに言われてたよな?



そこでエイダの罠☆発動!!



突如エイダが放ったC-ウィルスの餌食になり、悲惨な現実を突き付けられるフィンとその他のみなさん達・・・!!

青エイダによって盲目隊長フィルターがはがされてしまう・・・?!



悲しいかな、異形の怪物に変化してしまうフィン・マコーレー!
任務初日にしてこれである・・・母への手紙を読むと涙が出ます(;д;)。

そして理性を失ったフィン・ザ・ゴリラはクリスに襲い掛かかった!



ゴリラによって床に叩きつけられたゴリラ!・・・いい勝負である。
しかしクリスは、頭を床にしたたか打ちつけてしまい・・・!

どうやらこれが記憶喪失の原因になったらしいです!!!

・・・(゜д゜)エッーまじで???

いやね、私はてっきり、クリスの記憶喪失は、精神的にまいってしまってのことだと思ってたのね。
なんかほら、5の時も少しヘンだったじゃん?
だから逃げてしまったんだと・・・ま、勝手な思い込みなんだけども。

それがまさか、頭ぶつけたからだった、なんてヽ(´∀`)/

なんつーかもう、、、

ヘルメットつけとけ!!

としか言いようがないですね・・・。
他のBSAA隊員はかぶってんじゃん。お願い、今度からはアナタも着用して!!


まあ、それでですよ。
この時、

とっさに「クリス!」とか上司を名前で呼んじゃうピアーズもピアーズです!

本当にお前ってばもう・・・どんだけだよ・・・(≧3≦)
咄嗟の時ほど普段のクセが出るでしょうから、おそらくたぶん、「隊長」と呼ぶより「クリス」と呼んでることの方が多いんじゃないでしょうか?
ボロが出たwみたいなwww「隊長」はあくまでも仕事用ってか?
初回は何とも思わなかったけど、今見ると何だかテレてしまいます(*´∀`*)

こうして、クリスはピアーズに引きずられて、窮地を脱したとのことでした。
ここでチャプター2は終了。
エイダのおかげでクリスは大事な小犬ちゃん、もとい、家族を失ったということだったんですね!



★ちょっとしたトリビア
この2章のラストでは、クリスの巨体を片手でひっぱりながら、片手では銃を発砲するという男前っぷりを見せるピアーズ君も印象的ではなかったでしょうか。
実際に軍隊などでは仲間を牽引する訓練があるそうで。当然、負傷した仲間を運ぶこともあるでしょうから基礎中の基礎行動です。
特殊部隊などでは、定期的に体力チェックに使われていて、チームで一番重い隊員を牽引出来なければ不合格だとか。・・・というのをテレビで見た記憶があります。
なので、67Kgと軽量細身のピアーズでも100Kgのクリスを片手でひっぱるくらいの腕力はあるんで、合格ってことなんですね!

ちなみに、彼らのベストの後ろ側には取っ手(ドラッグ・ハンドル)がついており、まさに緊急時にここを握って引きずる仕様になってます。

何だこのハンドル?と思ったら、これは救助される時のための物だったんですネ!
ピアーズはこのハンドルを握ってクリスを引きずったってことかー。



★病んでるクリス
私がクリスが精神的にヤバクなったと思った理由。
前作バイオ5の宣伝用に作られたバイラル映像(海外向け)に、精神的にマズイ状況に追い込まれてるクリスを見ていたからです。(あくまでも宣伝用で公式シナリオとは無関係っぽいが)
過去記事にしているので、知らないって方はぜひおさらいしてみて下さい!
↓↓
実写版バイオ5クリスのその後?!

現在日本公式サイトでは見れなくなってるので、今となっては貴重な映像だと思われます!(PsHomeバイオ撮影スタジオに行けば見れます)
これを見てるのと、見てないのでは、今作バイオ6クリスの印象がけっこう違うと思うのですが・・・!?