Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

ドラゴンズドグマドグマDA 思い出SS集

≫EDIT

このゲームではスクリーンショット(SS)機能があります。
撮影したSSはPS3に保存されるのですが、調子乗って撮りまくってたら、かなりの量になってしまいました。

そんなSSを投稿できるポーンコミュニティという公式の場もあるんですが、投稿するたびに、ご丁寧にもトップページに新着として載ってしまうのがどうにもイヤでして・・・。
PCに保存するのも、これまたけっこう容量食うので、自分のブログ、ここに貼っていこうと思います。

あくまでも個人的な思い出アルバムみたいなもんなんで、自分しか面白くないと思うけどぉ~
これでドグマの魅力が少しでも伝わればイイナ!なんて思いますので、良かったら覗いてってくださいませ~。




体験版の頃。
覚者:自称ウェントワース・ミラー
ポーン:バイオハザードのクリス のつもりでやっていた(笑)
AIなのに必死に戦う姿にすごく愛着が沸いてしまった。
体験版はLv10までだが、無駄に3周くらいしてた。こんなにやりこんでるなら製品版買おうよ自分!と思い、正式デビューするに至る。




本番では覚者:クリス、 ポーン:ピアーズ(ピアくん) のつもりで始めた。(左2人)
リムに入って強そうなファイターさんとソーサラーさんを雇った。(右2人)
当初は知らずに雇っていたが、後にフレンドさんのポーンだと知った!
通常こんなにレベルの離れたポーンを雇うには、高額のレンタル料(リム)が発生するのだが、フレンド特典で無料!!…持つべきものは友!
1周目、この2人のサポートポーン様には、ほぼレギュラーとしてずっとお供してもらってました。

他にもフレさんのポーン達がいたのですが、いやらしくも当時一番レベルの高かった2トップを雇ったわけです。
Lv10のプレイヤーとLv100付近のポーンが2人ですから、そりゃあもう旅がラクだったわけですヨ。おかげで、1周目でも迷うこともなく、難しくは感じませんでした。
(皆様には大したプレゼントもできないままですが、リムが無事届いていることを願います。ありがとうございます!)




領都グランソレンに初めて来た日。
都会デビューして浮かれてた田舎者2人は写真を撮りまくったものです^^
そのせいで似たようなSSばかりありましたがw




メインポーン(♂)のミニスカ&ナマ足にハァハァしてたうちの中年覚者。




エヴァーフォールで足を滑らせ死亡するドジっ子覚者。
何気にバカにできないほど転落死多いゲーム。




謁見時の覚者。
もうただのヘンタイにしか見えない。




森林の中で朝日を拝む。




初ドラゴン退治。とにかく竜さんの大きさに驚いた。
強敵を前に突然素っ頓狂なことを言い出すメインポーン・ピアくん…
どうやらこの子は、ビビるとアイテム拾いに走ったり(普段は拾わないくせに)現実逃避する傾向にあるらしい。




レオン様は常時イケイケモードw
どんな敵でも率先して撃って出る様には惚れ惚れする、本当に頼もしいファイターでした。




トドメを刺したのは、ソーサラーおまけ様の放ったヴォルテクスレイジであった。
ドラゴンのHPゲージ3本は軽く削ってしまう超高火力魔法!!(゚0゚)
どんな敵も彼女の魔法が発動すれば勝利を確信できた1周目。




初決戦・ドラゴン退治はLv54で挑んでクリア。
武器や防具もほとんど拾った物で済ませていたし、やはり2人のサポーンが強かったことが大きな勝因ですね^^




で、色々あって。1周目クリアしたのがLv68くらいの頃。




本編クリア後、黒呪島へ。
最初は弓職が楽しくてストライダー、レンジャー、マジックアーチャーとやっていたんだけど、まだマジックアーチャーの弓が魔法扱いだと知らなかった頃。
装備も相変わらず宝箱から出てきた物で済ませてるような状態がLv70代まで続く。

だがしかし、黒呪島はそんなアマくはなかった。
本土ではめったに倒れることのなかった青髪のレオン様でさえ、もう面倒みきれないといわんばかりに死亡回数が増え、いつもは強気な発言が「あまり近づかない方が・・・(無謀だ!帰れバカ!の意)」と弱気な態度を見せるようになったため、素直に撤収。




青髪レオン様の飼い主さんからいただいたSS。
噴水に兵士達をブチ込むというドS写真!…なんてご無体な!
レオンポーンもかなりのSっぷりだったのですが、覚者に似るというのは本当なのですね?
私も真似しようとやってみたら逮捕されましたwwwくっそ!
やり方が悪かったのか、もしくは、はめられたのか!?

フレさんとSSを交換するのも楽しいです^^



ウルドラ初討伐!
お世話になったポーン様達と記念撮影。
公式で「ウルドラ祭」なんぞが開催されて、初心者でも簡単にオンドラが討伐できた!




石碑に刻まれた我が名!クリスって…^^;なんかちょっと恥ずかしい気がしないでもないが、嬉しかった。
5月19日、Lv78で初オンドラの思い出。通常Lv78くらいじゃ倒すのは難しいかと。あくまでも祭りだったからできた話。
DAが発売されたのが4月25日なので、すでにLv∞(200)になってる人は無印版から遊んでる玄人だと思われる。




祭り最中はテキトー装備でも討伐可能だったオンドラ。
だって、部屋に入ると大体、HPゲージが1mmという通称ミリドラ状態なんですもの!!(゚∀゚)
調子に乗ってオンドラしまくり期間中10匹くらい狩った!(やりすぎw)
今ではこんなこと、無理。




アップで見れば見るほど面白い道化師コス^^
祭りのおかげでこの衣装も無駄に変異しました。覚者クリス(左)のピッチピチ感ったらないw




ウルドラ祭終了後、祭りで揃えた武器とアビス防具で、再び黒呪島へ赴く!!
…だがしかし、やっぱりエゲツナイ強さの魔物どもに、またもや途中で進行断念…ゴールが見えずまたもや本土へと引き返す。




レベルアップのためにサポーン様たちと別れ、しばしメインポーンちゃんと2人で修行の旅へ。
すでにLv100を超えてしまっていた頃だが、アビリティを全然修得していなかったので、色々な職を経験してみることに。
覚者ファイター、メポはソーサラーに転職。




ウルドラ祭りで獲得した武器は光属性でそのままでもゴールドの輝き。おそらく本土ではこの武器で充分だろう。
覚者クリスの太ももがすごいムッチリwあまりファイターって感じじゃないね^^;




美脚自慢のメインポーン・ピアーズ(♂)




敵を容赦なく焼肉するメポ様にビビる覚者。
どのゲームでもそうだが、やっぱ魔法職は高火力だね!




覚えたてのフレイムウォールをバカの一つ覚えみたいに使いまくってたソーサラー・ピアーズ。
きっと本人も楽しかったに違いない^^あきらかに覚者を上回る破壊力。
本土では炎属性がかなり有効な様子。




パンチラ❤
強烈な攻撃の合間に、お色気も忘れず絡めてくる魔法青年ピアーズの魅力にメロメロになりつつあった覚者。
どんなにレベルが上がろうが、高級カサディスパンツとバンデージクロスは手放せない。




夜になると幻想的ですらある魔法青年ピアーズ。




武器に炎をエンチャント。ふつくしい!
この妖艶さに隣のオッサンは腰砕けになっていた…。(だめじゃん)




で、覚者がソーサラーをやるとこうなる…。
魔法中年クリス。特技は杖での撲殺。




別に牛に発情してるわけじゃないからね!
牛さんは大事な食料(資金)源。




正面から見ると何か違うが、角度によっては本家ピアーズと似てると自負するメインポーン・ピアーズ。
獅子のギャンベゾンは細身だと似合うね^^




覚者同様、メポちゃんにも色々な職業を経験させる。
この子は何が得意なのかしら?
・・・王道の育成方法っていうのもあるらしいけど、そんなの知らなかった頃、お互いに職を転々としてた。




マッチョ覚者クリスにはやっぱりウォリアーが似合うかな!




ゴブリンを撲殺!!




グリフィンを撲殺!!




ヤボ用で女装もしたけどこれである。
これでだまされたあの女族長は目がどうかしてると思う。




あまりの胡散臭さに野良犬に噛まれた帰り道。
ちなみに隣はメルセデス装備のメポ・ピアーズ。全然違和感なかった。


次→SS集(2)へ