Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

デビルメイクライアニメダンテ(最終回)

≫EDIT

録画しといたアニメダンテを一気に見たんですが。

どうやら、私がシムズダンテにかまけているうちに、アニメの方は終わってしまったようで。。。
途中はすっ飛ばして、今日はラストの11話と12話あたりのツッコミでもしてみたいと思います。



最後は、大魔王(みたいなもん)が甦るという、壮大なスケールでしたネ!

何これDMC3のパクリかよと!!(笑)

と、まず真っ先につっこんでみる。
ペンダント(とか小道具)が悪魔の復活の鍵となるとかいうのは、DMCではもうおなじみの手でしたな。
それにしてもパティお嬢様・・・重要人物だったようで・・・。
最終回で大活躍だったのはパティであり。

てっきり、パティとダンテが恋に落ちるかと思ったよね!!

・・・え?思わないですか?そう焦ったのは私だけスか?

しかもダンテ、なかなか出てこねぇー!!みたいなね。(やっと出てきたのは番組も後半になった頃)

そしてやはり、大魔王でも一撃で倒すダンテ。

いや、別にね、ドラゴンボ●ルやワンピ●スみたいに、ボス倒すのに何ヶ月もひっぱられても困りますがね・・・・・

そして、とってつけたように「JackPot!!」の言葉が出る。。。

「あ~、そうだ、今までJackPot言うの忘れてました、最後に言っておかないとネ!」みたいな感じで、もう~・・・・・

結局、アニメダンテは魔人化しなかったな(ひょっとして、最後、光の中で魔人化したとかいう設定なのかもだが、はっきりした描写はなかった)。
素でいけちゃうダンテ・・・うちのゲームのダンテと大違い。orz

まあ、無難なところで終わったんじゃないでしょうか。(エラソウにごめん)
やはり、普段アニメ見ない自分には、正直、馴染めなかったんですけどね。
ゲームから入ってるファンとしては、ダンテのパパやママや兄貴なんかについて、ちょっと情報が見れるかな~なんて期待もしてたんですが・・・・なかったね(´_`)ベツニイイケド

そもそもダンテが日本語な時点でアウトで・・・って、しつこいですか。
でも、どっかで聞いた話ですが、やはりこの部分はスタッフも考慮したようで、アニメを制作するにあたり、英語-日本語字幕の案も出ていたとか。
しかし、視聴者が映像に注目できるようにという配慮から、字幕はやめて日本語でいくことにしたんだそうだ。
・・・なるほど。たしかに、字幕だとアニメより字幕を見ちゃうもんな。

そのかわり、映画さながらの声優陣を起用したとのこと。
そう言われれば、主要キャストはハリウッドスターの専属吹き替えをしてる声優さんばかりだ!!
ダンテ:森川智之(トム・クルーズ、ブラピなど)
モリソン:大塚明夫(スティーブン・セガールなど)
小悪魔シド:野沢那智(ブルース・ウィルスなど)
大塚さんなんて、洋画劇場の常連だよな!毎週聞いてる気がするよこの声。しかもソリッド・スネークじゃん!!

つまり、スタッフも色々考えての、あえての日本語だったんだね。
当初、頭ごなしに「日本語ヤダー!」と言っていた自分だが、許しておくれ。
・・・それでも本心はやはり、字幕が良かったなと思っている俺様。。。

しかし、これでDMCに興味を持つ人も増えて、ゲームもさらに売れたらイイネ!