Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

音楽♪TV♪動画美形双子がハモリます!

≫EDIT

今日ご紹介するのは90's洋楽PVであります。(基本的にここで紹介するのは懐メロですので…)
知る人そ知る「NELSON」を特集します。

美形な双子(男)が歌いますぞ!その姿はまるで王子!!

・・・奥様、チェキラッ。



90年代ヒットを飛ばしたロック・グループ「Nelson(ネルソン)」。

ヴォーカルが長髪キンパの美形の双子というだけでオイシイ!

・・・まあ、私はそれだけで当時ハマッていたようなもんでしたが、歌唱力も確かです。
ロックといえど、非常に聞きやすい曲調だと思うので、ぜひご賞味下さい。


オススメはこちらのPV!直貼りできるURLがなかったので、ポチっと飛んでみてください。冒頭に金髪ロンゲ双子が弾き語りしちゃう様子はマジ必見!(音量注意)
↓↓
(You tube内)Nelson/♪Love And Affection

甘い!なんて甘いマスクなんだ!!
まさに金髪王子やー!!!(≧3≦)
調子こいて絵文字使ってみた。

右が兄で左が弟だったけな。このハモリは双子ならではかと!

しかも、足長っ!スタイルもよしであります!

一口に美形と言っても、人それぞれ好みってもんがありましょうが、こちらは正統派美形だと思いますが、どうでしょう??
よく見ると他のメンバーもなかなかの美形揃いです。

平成世代には「何このロンゲw」とか思われるかもですが、それは今から10数年前のものですから、時代の差ってことで。
当時、バンドマン=長髪はセオリーですから。

一応、彼ら的には「ハードロック」を主張していましたが、この風体からもわかるように圧倒的に女性ファンが多く、業界からは「お前らロッカーじゃねえだろ、アイドルだろ!」みたいに叩かれてもいたもんです。(こっちでいう男闘呼組みたいなもんかなw懐)
しかし、ファンにしてみれば、そんなことどーでもいいんですよ。

美しければ何でも許されるのDA!!

これに尽きます。

もう少し美形双子が見たいと思った方は、こちらもどうぞ。

★Nelson/♪After The Rain
上記とあわせて、彼らの代表曲であります。


双子王子がマイクの前で絡んでr・・・(≧3≦)ハアハア
(死ね俺)

赤が兄で黒が弟かな。いや、逆かな?・・・どっちでもいいや。

お上品さすら感じられる美形っぷりに、見れば見るほど、王子が無理してギター持ってるような気もしないでもないですが(笑)。
しかし、いい曲だと思います。
ちなみに、彼らの金髪ロンゲは地毛です。カツラじゃありません。。。

彼らについて、興味が沸いてきたという方のために、以下さらなる情報を。
この双子の美しさの謎(?)に迫る!

このネルソン兄弟、なんでこんなに整っているのか、親の顔が見てみたい・・・と思いませんか??
思うよね?うん。私が見たかったんですけどね。

というわけで、お父さんを紹介!!
↓↓↓
Ricky Nelson/♪Young World
実は彼らの父上は、向こうじゃ有名な俳優兼歌手のリッキー・ネルソン氏。さすがにここまでくると50'sくらいなので、私も知りませんでしたが、これ見て驚いた・・・!


父さんもやっぱ美形!!

もう~何なの?この美形のお手本のようなお顔は(≧3≦)!!

あえて、同年代頃であろうPVを貼ってみましたが、双子は父さんとそっくりです。
そう言えば、ヤングダンテも言ってましたね、「俺の顔見ればわかるだろ」と・・・。なるほど正論。(わかる人だけわかれ)

やはり、カエルの子はカエル。美形の子は美形なんだな、と実感したね・・・。

自分の容姿に不満のあるヤツは、親に文句言って良し。

つまり、双子の王子は有名人の2世なわけだが、父上の影響を受けてか、幼い頃より音楽に慣れ親しんでおり、13歳の時には、すでにバンド結成していたとのこと。
しかしこの父上、42才という若さで飛行機事故で他界・・・その後、父に捧げるという意味をこめて、双子王子はデビューアルバムを発表しました。
それがこれ
↓↓
Nelsonデビューアルバム「After the rain」(日本発売は91年)
もう、どっちが兄か弟かわかりません・・・。

アルバムタイトルでもある「After the rain」という曲(上記PVの曲ね)は、失恋した女の子を慰めるような歌詞でもあるんですが、「雨の後には涙を洗い流して、前向きに進もうぜ~」って感じの内容。
父親の死という話を知っていれば、悲しみを乗り越えて進み出そうとする兄弟の姿が浮かびますね・・・。

ちなみにこのCDは、すでに廃盤になっているだろうから、お探しの際は中古かベスト版でどうぞw
個人的にはこのアルバムが一番いいかなと思います。
この後はイメージに逆らうかのように(彼ら的にはポップと言われるのがよっぽどイヤだったのか)ヘビィ路線へと曲調が変わってしまったりもしたんですが、最近は素直になったのか、ポップに転向したらしい。でも歌唱力は健在のようで、なかなか評価は高いとか。
長い金髪もばっさりカットしてましたが、短髪でも美形には変わりなかったです。

・・・しまった。つい騒ぎすぎた。
ご清聴、ありがとうございました。m(_ _)m