Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

シムズ2講座続・シムズDL~理解を深めよう編

≫EDIT

シムズ2に興味のある方へ・・・(ない人は読まんでよし)

本日はシム(およびパーツ)をDLするにあたり、知っておくべき事を書いてみます。

「メッシュって何?」とかそういう話です。既知の方は読む必要ナッシング。

「ユーザーメイドで楽しんでネ!」とメーカー側も推奨しているくせに、説明書には書かれていないので、ビギナーが最初とても苦労する部分だと思われます(私がそうだったので・・・)。



とりあえず「シム」のパーツについてお話します。
シムズ2のキャラクター(シム)のパーツは、非常に細かく分かれています。

基本部分---顔、ボディ(服)
遺伝情報---肌の色、目、髪
メイクアップ---眉、まつげ、アイシャドウ、アイライン、頬紅、口紅、髭、他アクセサリー(メガネ等)、etc・・・

↑これらは個々にファイルが存在します!
(シムピ(シムズ1)をやってた者には、ここがまず面食らう部分!…こんなに細かいのかよ!と・・・)

ゲームの「シム作成画面」でいじってみるとわかるように、これらは色々組み合わせが可能ですので、1体のシムでも、パーツごとに作者が違う、なんてことが日常茶飯です。
よって、前回のダンテ&バージルの時のように、「髪型はこっちで、眉はあっちで、刀はここから~」みたいにDLページが分かれているということがよくあります。

そして、各パーツはさらに・・・

ここで3Dの仕組みについてちょっと理解が必要になるんですが。

3Dパーツは、メッシュ(Mesh)と言われる3Dポリゴンとテクスチャ(絵柄)の2つから成り立っています。(厳密にはまだあるのですが・・・)

これはセットで1つのカタチになるので、どちらが欠けてもゲームに反映されません。つまり、

メッシュ+テクスチャ=完成作品

であることを覚えておきましょう!これが重要。今日のポイントはこれです。

概念は、こんなふうになっています(ここではシムについてしか触れませんが、アクセサリーや家具(オブジェクト)等も同じです)
↓↓↓
sim071022.jpg
(※ちなみにこれはシムピープル(シムズ1)のものですが、シムズ2でも考え方はほぼ同じです)
これは服ですが他のパーツについても同様。
髪であれば、髪のメッシュに、金やら茶色やらの髪の色テクスチャが付いてゲームに反映されます。

上記を見るとわかるように、ひとつのメッシュでも、テクスチャを描き変え(色柄変更=リカラーRecolourまたは、リテクスチャRetextureと言う)するだけで、別の服が作れたりします。形は同じでも柄が違うというものです。

というわけで、
1つのパーツ作品でも、
メッシュ(3Dポリゴン)とテクスチャ(色柄)の作者が違うってこともアリアリです!

で、DLサイトでは、このテクスチャ部分だけ配布されていることが多いです。
テクスチャの平面画像だけ見せる人はまずいないでしょうから、見本として完成品の3D画像を載せるわけですが、3D(メッシュ)は別配布ということがよくあるわけです。

てことは・・・?
(例題)洋服
洋服の型(メッシュ)=Aさん作
洋服の色柄(テクスチャ)=Bさん作
↑こんな場合は、
Bさんの色柄が使いたいと思ったら、Aさんのメッシュも探してもらってこないとダメってことになります!

DLサイトによくある、「メッシュはこちらから~」みたいな表記は、こういうことを表しています。

ということで、
DLする時は、必ずメッシュ(Mesh)ファイルがどこにあるかを確認してください。
(よそにあるのか、それともDLファイルに含まれているのか)

英語表記のサイトの場合は、「included/not included(含まれている/いない)」の単語に注意しないといけません。

以上、この概念が理解できれば、ほぼ99%、DLの問題は解決されるでしょう!!・・・うむ。たぶんな!


自分も、シムをやり始めた当初、この仕組みがわからなくて苦労しました・・・今もそんなにわかってないんですが。間違ってたらスマソ~。

明日ヒマだったら、MTS2のダンテ&バージルDLページの完全読解でもしてみます(^^)ノ