Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

バイオ4プレ記バイオ4記(その6)

≫EDIT

そういえば、PS3で「バイオ5」が出るんだってね。こっちは前作でレオンと共闘したオテンバ娘・クレアの兄さんクリスが主役とか。
そういう事情でレオンとも薄っすら繋がりがあるかもだが、5ではさすがにレオンは出ないよねぇ?
巷の話題は5かもしれんが、今マイブームなのは4ですよ!4!!

今回はついに第一目標達成!大統領の娘アシュリーと接触しました。
しかし、事態はさらに最悪に・・・期待を裏切らない我がレオン様のヘタレっぷりをご覧下さい!



「教会に探している娘がいるっぽい」という、タンス王子(ルイス)の情報はガセではなかった。
いざ教会についてみると、そこにちゃんといましたよ!

この娘がレオンが探していた娘アシュリーだ!
お父さんはUSA大統領!
大学から帰宅途中に誘拐され、ここに連れてこられたらしい。


顔は幼いが体はオトナ。もうお酒だって飲める年齢なんだからッ!
しかもミニスカにロングブーツで絶対領域的な生足がまぶしい。

・・・早く行けよレオン。


救助のヘリは村を抜けた所に到着するという。
次の目的地は村を抜けたその場所のようだ。
しかし、こうもあっさりで良いものだろうか?教会の見張りも甘かった、つーか誰もいなかったw
ま、絶対何かあると思ってますが。だってカプコンだし(笑)。


教会から出ようとしたら、ホラ出た!
これがイルミナドス教の教祖サドラー様だ!!
この方の喋り方がね、なんとも妖しくてステキです!自ら「カリスマ」とか言っちゃって、そりゃあもう自信満々ですよ。


アシュリーを誘拐したのは、身代金目当てだったようだ。
彼女もまたレオン同様ヘンな注射をされていた・・・それは何かの寄生虫の卵!!これが孵化すると、サドラー様の言いなりになってしまうらしい!?
というわけで、どうせ時間がくればお前らはオレの物ってカンジで、サドラー様は余裕顔なわけである。
今回のバイオハザード(生物災害)は、ウィルスじゃなくて寄生虫!!?

とにかく逃げよう。
しかし、外ではサドラー信者がわんさかと、二人の行く手を阻みます。
で。どうするのかと言うと、アシュリーを守りつつ、進むわけですネ!
やっと、操作に少し慣れたかな~程度のプレイヤーですよ。己の身を守るのもままならないというのに、他人の事まで面倒みきれるか!って話です。
二人同行プレイは、前作バイオ2でもありましたが、ほんの短時間でした。しかも走れば逃げ切れるカンジで、そんなに難しくはなかったし、同行は女スパイのエイダだったので、一緒に攻撃もしてくれた(逆にやりやすかったくらいだ)・・・。


だが、今度のお嬢様は手がかかる!
気がつけば、村人に担がれてさらわれるし、この時アシュリーに銃弾が当たれば即死ゲームオーバーになるし。
もう細心の注意が必要なんです!


で、助けに行こうとしたら、トラバサミにかかるレオン!(またか!)
ちょっと!何なのよコレ!!この絶妙なタイミングの良さは一体何なの!?
敵の思うツボなうちのレオン。パニック状態だ・・・。


このゲーム。焦ったら負けなんだな。どんな時でも周りの状況を確かめて行動しなければならないんだ。(そんな余裕ないんだけど)
1人勝手に進むことは許されない。
時にはアシュリーを安全な場所に隠して、自分がオトリになって敵と戦わないとならない。
まさに、か弱き女性を必死に守るスーパーヒーローを演じなければならないのだ!

・・・・そんなん私に無理だっつの。(´д`)

で、Mr.チェーンの時に役に立った(ような?)塔の上がもしかしたら安全?と思い、そこにアシュリーを登らせたら、怒られた・・・パンツ覗こうとなんかしてないんだからねッ!!
っち。誰がガキのパンツなんか興味あるか!オレは年上好みなんだ。エイダが良かったよエイダが・・・!
でも、アシュリーのパンツの色は白だと判明。(結局見てんじゃねーか)


高い所から降りる時は、このようにレオン様がお姫様抱っこで受け止めますヨ♪
これは何かイイナ!チクショウ。うらやましいぜアシュリー!


目的地周辺でアシュリーが居ないと思ったら、今度は彼女がトラバサミにひっかかってるじゃまいか!!
全く、しょーもないお嬢様だな!


だがしかし、助けに行こうとしたら、またしても自分もはまるレオン!!
・・・マジカよ!!!(T∀T)

何このカッコ悪いエージェント!(苦笑)
もう頭が痛い・・・こっちが助けてほしいよアシュリー。


二人でもがくの図。
・・・バカップル状態だ。
いや、もうホント、トラバサミ苦手だわ。


と、このように、アシュリーという紛れもないハンデを背負ってしまうことになったプレイヤー。
アシュリーと接触して終わりじゃなかった。
か弱き者をいかに庇い、いかに窮地を脱するかが、このゲームだったんだと気付く。
状況はさらに困難に、さらに難易度は高くなり・・・これからが始まり、ここからが本番だったんだ!(TДT)
はっきり言って、アシュリーなんかいりません!
1人でさっさと逃げたい我が家のレオンである。



★本日のベストショット

二人揃ってお腹痛いの図・・・。
ダメージを食らうとこうなります。
魚ばっか食わせてたから、あたったのかも。

★おまけ:バイオ4劇場
←クリック拡大。
魚好きです。
でもこれじゃ、かえって心配になるよね。