Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

ドラゴンフォース「DF」ゲット記念!プレ記(その1)

≫EDIT

「ドラゴンフォース」とは、、、初登場は1996年、セガサターンのソフトとしてヒットしたシュミレーションRPG。
・・・古いっ。おまけにサターンというのが渋い・・・。

2005年8月、PS2ソフトとして完全移植&改良され、見事に復活!
復活するくらいなんだから、絶対名作なのだ!という事実・・・本郷さんオススメゲーム!
しかも2500円というリーズナブルな価格!・・・だまされたと思って買ったらいいよ!

公式はコチラ↓
ドラゴンフォース公式サイト

では、以下感想とともに、プレ記を綴りたいと思います。
ご存じない方も、どんなゲームなのか、わかるかと思いますので、ぜひどうぞ!
(2005年にサイトに掲載していたものをまとめたものです。ここに記載の日付はテキトーです。たぶんそんくらいの時に書いたと思われ)



●喜びの声

発売より1ヶ月も遅れての入手でしたが(その間、わが町では店頭売り切れだったのダ)…もう嬉しくってたまんないです!!
もちろん、私は初回オリジナル版DFを体験済みなので、シナリオ等は全部わかっているのでありますが、それでも今回PS2で復活&一部改良ということで、また手にしたわけです。ファンには此度の復活、もう涙が出るほど嬉しい話であります!


●国を選ぶ

では、早速始めますよ~。
まず最初にプレイヤーがすることは、自国を選ぶことです。最初に選べる国は6つ。
ここでいきなり、難問が訪れる!!

どこにしようか!!

df-100.jpg

ホント、単純ですが、迷いに迷った。。。コレ大問題。
(ここでは全部の国を綴るつもりはないので、1つだけピックアップして、最初と中間と最後くらいをレポっていこうかと思います。)

で、過去(約10年前)の記憶を辿るとですね…
一番好きなシナリオがトリスタン帝国だったんで、やはし!ここはトリスターンで行ってみようかと決断しました。
(ちなみに過去の思い出を語るとですね、イズモ国のikemen忍者君主の顔に騙されて、最初にイズモを選んだ経験があるのですが、いきなりファンダリアとボザックの挟み撃ちにあい、初戦で敗退…あっさりゲームオーバーになったこともあるので、イズモだけはやめておことうと思いました。あそこは難しい!)
ちなみに、ゲームの取扱説明書の地図、ボザック国が「ポザック」になってるような気がするんですが…気のせいですよね(笑)。


●トリスタン帝国で頑張る

DF未体験の方は、ここで公式にある「世界・キャラクター」を読んでおいていただけると、この先の話がよくわかるかと思われるので、お時間のある方はひとつ予習をお願い。

で、わたくしがめでたく選んだトリスタン帝国(トリスタンの人達にはきっと迷惑)…ここはレジェンドラ大陸の最北端にある軍事国家。ま、オイラも北国の人間だしね、そんな意味でもチョイス。
地図を見ての通り、近隣に国がないので、いきなり攻め込まれる心配もない。初心者向けの国であろう…って、君は初心者ではないハズでは?本郷君?
…まあ、いいじゃないか。ハハハ。他にも色々理由はあるんだけどね…ヨコシマな…ヘヘッ♪

ゲームスタートはイベント画像です。ムービーじゃないんだよね。あくまで静止画…ま、これが時代を感じさせるところなんだけど、それがまたいいんだよな。
しかし、今回…

【キリコ】
「ジュノーン様。ついにゴルダークが大陸全ての国に対し、宣戦布告をしました。我がトリスタンと衝突するのも時間の問題でしょう。」


おおおッ!キリコが喋った――!!!(≧▽≦)

ハイ。真っ先にこれに驚くのでありますよ。
エルフでありながら人間に加担する盲目の魔法使いキリコたんが、喋ってくれました!

今となってはセリフはボイス付きが当たり前でございますが、当時はまだね、声優さんがゲームに出演することは少なかった時代…。
で、この初回DFもボイスは(一部除いて)なかったの。。。それがアンタ、ちょっと声優ボイス付きよー!ここが改良されたところなのね!

でもって、、、、、

【アイロス】
「前々から予測していましたが、現実となると、やはり脅威を感じますな。」


アイロスも喋った――!!!(≧▽≦)

女にはめっぽう甘いフェミニスト騎士アイロスもイイ声です!
続けて、、、、、、

【ジュノーン様】(君主)
「父上がゴルダークに敗れてから十余年…。いよいよ父上の仇を討つ時が来た。」


ジュノーンも喋った――!!!(≧▽≦)

こちらがトリスタン帝国の王様ジュノーン様です!
全身黒い鎧をまとい、その素顔は誰も知らず、「死仮面の黒騎士」と呼ばれ恐れられている剣豪であります!
さらに、、、、、、

【ミュリカ】(参謀)
「先日ハインランドのウェイン王に、同盟の使者を送っておきました。そろそろ返事があっても良さそうなのですが…。しかし一体ファンダリアでは何が起こっているのでしょう?」


ミュリカも――…って、しつこいですか?スミマセン。

いや、それくらい嬉しいのですよ。過去の懐かしい面子がボイス付で話してくれんですから!
とくにこの参謀(ミュリカ)が喋ってくれるのはありがたい。今後この参謀が司会進行役だからね。色々話しかけてくれるのですよね。たぶん。

さて、戦況ですが。
どうやら我がトリスタン大帝国は、ハイランド王国と同盟を結ぶため、あそこのボン(ウェイン)に使者を送ったのだが、返事はまだ来ない・・・。
そしてにわかにファンダリア国はあやしい動きを見せる。幽閉されたゴルダーク氏が、兄王を殺して帝位につき、大陸全土に宣戦布告したとな。
こりゃたまらん!ってことで、各国挙兵し、世界大戦は勃発した。現在そんな世界情勢だ。

…まあ、内容なんてハッキリ言ってどーでもいいですが。
とにかく、世界大戦時代ということだ。

【ジョシュア】
「オレはギデオンとグレイスが一枚かんでると思っている。 」


ジョシュアもやっと口をはさんだぞーー!!
ギデオンとグレイスはファンダリアの武将。見るからにアヤシイ顔なんですが、そんな2人にジョッシー因縁があるんだったよね…ジョッシーは昔率いていた盗賊団をグレイス嬢に全滅させられた恨みがあるのだ。
ジョッシーはグレイス嬢がゴル様をそそのかしたと推測しています。

そんな時!物見からの報告ーー!
「ハイランドに送った使者が、全員だまし打ちされたとの連絡が入りましたー」とな。

【ジュノーン様@君主】
「何だと!ウェインめー!あのクソガキを血祭りに上げてやれぃ!(語弊あり)」


ジュノーン様はご立腹だ!ま、一応うちは軍事国家ですからね。タカ派なんですよ。
しかしそこで待ったをかけるミュリカ官房長官。さすが参謀。冷静だ。

そして頭を冷やしに(?)単身、亡き父上の英霊に会いに行くジュノーン様。出陣前に、誓いをたてる。
と、そこで、鉄仮面を脱いでしまうジュノーン様。

【ジュノーン様】
「父上の無念は必ず私が晴らします。…どうか父上、私にご加護を。」


うおおーー!美すぃぃ~~~!!!

仮面の下には美顔・・・王道ですネ!

こういうので、仮面の下がブサイクなことは、あまりありません(笑)。
そしてこのジュノーン様、実は女!
これは世間一般にはナイショなのだが、「死仮面の黒騎士」と恐れられているトリスタン帝国の王は、実は王女様なのダー!!
そんな隠された美貌を偶然知ってしまい、実は惚れちゃってるのがこの男、

【アイロス】
「ジュノーン!ビューテホー!アーンド、アイ・ラヴ・ユ~~(≧3≦)
(注:こんなふうに叫んだりはしません)


ね?こんなところからも、トリスタンって最高でしょ?私が選ぶ理由ってのがわかるでしょ??(笑)
あとね、ここまでの顔ぶれを見てピン!と来たでしょ?

そう。トリスタン帝国は美形揃いなのだ!!
ハーハハハハ!


結局コレなんだよ。選んだ理由ってのは。
ごめんな。ホントにいつもアホでごめんな。。。でもこれがボクだから。

…というわけで、これはオープニングのホンの数分のシーンなんですが、こんなにも語ってしまいました。やっぱり嬉しくってね。
君主と腹心の部下が出揃ったところで(あ?まだ一人いましたか…いや、でも彼は無口なんで)、次回はいよいよ「内政」から「戦闘」までを語りたいと思います。
実際のゲームはこれからです。これからがDF本番ですよ~。


※注※
ここに記述の文章には、プレイヤーの妄想で綴られている箇所があります。
実際のゲームにはないセリフ等も含まれます
画像はすべて「ドラゴンフォース(株)セガ」のものです。

→続:DFプレ記「2」