Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

ドラゴンフォースDFプレ記(その7)

≫EDIT

●中盤戦

話は飛びます。
トリスタン帝国ジュノーン@本郷軍が出立してから2年(DF時間)がたちました。



我がトリスタン帝国は、レジェンドラ大陸で幅をきかせるようになりました。勢力地図をご覧ください!


黒(グレー):トリスタン帝国、黄色:ファンダリア帝国、紫:イズモ、緑:ボザック王国、無色:空城

と、このように最北に位置していた我がトリスタン帝国は勢力を中央に移し、8国あるうちのムーンパレス、トパーズ、ハイランド、トラッドノアの4国を支配したのであります!
ま、2年でクリアしてしまう人もいるかと思いますが、我が家は鈍足です。

しかし・・・気になるのが無色の部分・・・空城って一体・・・??(汗)

本来、占拠した城には太守として最低1人は武将を滞在させるべきなんですが、プレイヤーはものぐさなため、主要拠点にだけ武将を置いて、後は放置(空城)にしているのです。(つまり築城や探索も怠っているわけです)



●数々の出会い

ここまでには数々のドラマもありました。各国王を説得するのも一苦労です。


【ムーンパレス王:ティリス】
うちは、ジュノーンさんに全面協力しちゃいます♪」


エルフ族の王ムーンパレスのティリス嬢は、とても友好的でありましたが、

【ハイランド王:ウエイン】
「同盟の使者をだまし討ち?・・・知らない!ボクは知らないよぅ~(T3T)」


ハイランドのボン、ウェインはばっくれた上、泣き言を言う有様で、

【トパーズ王:レオン】
「ジュノーン!オレと結婚してくれーー!!」


トパーズの筋肉マン、レオンには正体を見られて、惚れられてしまうし、

【トラッドノア王:レイナート】
「ボクはあなたの力を試してみたかっただけサ~アハハ!」


トラッドノアの悪ガキ魔法使いレイナートには、からかわれるわで、


【ジュノーン@君主】
「・・・リーダーって大変・・・(T-T) 」


時に弱音を吐きたくなるジュノーン様でもありました。。。(注:実際こんな風にセリフは言いません)



●最強イケメン軍団結成!

ここまでくると配下武将も90人を越えました。友達100人まであと一歩です(違)。
イケメンも沢山配下になっております。
ジュノーン@本郷はご満悦である。ウヒヒ♪

やっぱり贔屓ってのはかなりありまして。
それによって使い込む主力(レベルが上がる)キャラとまったく放置(レベルが上がらない)というキャラに分かれてしまいます。
プレイヤーは腐女子なので、総じて男子ばかりが主力になるのは必然ってもんで・・・。

では、ここで現在の我がトリスタン軍主力師団をご紹介しましょう!













かなり偏ってます。
はっきり言って、戦力ポイントは敵に対してまるで効果ナシです(死)。
兵種?武将技?そんなものは関係ありません。レベルが上がれば、どんな師団編成でも勝つのダ!!

ここまでくれば、当初、躍起になって追いかけていたキッド君なんてもう目じゃないです。
彼はどうしたかって??まあ、彼もほどなく配下になりましたが、不平不満が多いので、ジョシュアと共に、たまに現れるどくろ党(盗賊)討伐なんぞさせて地方左遷状態です・・・。


    
文句が多いヤツは、左遷(賊討伐)で地方行き、というのが我がトリスタン帝国の軍規。
だってこの人達、少しヒマになるとすぐ文句言い出すんだもん・・・でも使わないで城に閉じ込めておくより、よっぽど扱いは良いかと思われる。

しかし、同じ文句を言うにしても、イケメンはまた違いますよ。
例えば、レイナート君との戦いでは、


とか、イケメンらしい断り文句を言ってくれやがります。
ジャニーズ師団マネージャーがシャイア姐さんだったので、そんな甘えは許されなかったのですが、



↑兵100人の見栄えはこうなります!
(この画像では83まで減ってますけど)
メイジ100人に、埋もれてしまう池面・・・もうどこにいるかわかりません。。。
結局、ジャニーズ師団5人がかりで、やっとレイナート君を撃破したのですが、

【トラッドノア王:レイナート】
ちょっと試してみただけさ~!ヤだなぁオバサン、ムキになっちゃって!」


レイナート君はケロっとしてました・・・。コイツ、けっこう性格悪いかも。

【ジュノーン@君主】
(・・・このガキ~~!!)(T皿T)」


魔法使いって、ホント、敵にしたくないですね。一番苦戦したのがこのレイナート君だったような気がします。

→続:DFプレ記(その8)