Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

MMO SUNSUNで遊んでみた(その3)

≫EDIT

MMO「SUN」の特徴のひとつでもある「バトルゾーン(BZ)」の話。
どういうものか、やっとわかってきました。
とにかくまずは生還してみないことには、その楽しさも味わえないってもんです。

と、いうか。
BZがどういうものであるかは、公式にちゃんと説明がありました。よく読め自分。
SUNに興味持った方、ちょっと試してみよっかな~なんて考え始めた方は、先にこれを読むと混乱が少なくてかなりいいかと思います。
↓↓
SUN・最強スターティングガイド(PDFファイル)http://dl-gameon.bmcdn.jp/dl-gameon/sunonline/guide/SUN_0304_syusei.pdf

以下は、読まなかったので混乱してしまった人の話です・・・。



専用の戦闘ルームを作ることができるバトルゾーン(BZ)。
スタートすると、強敵がわんさか襲ってきます。

初回は序盤であっさり死んでしまい、途中でPT脱退せざるを得なかったビギナー本郷。
今度は、慎重に、出過ぎないように、PTメンバーの後ろをついていくような感じで(これを「寄生」という)、まずクリアを目指しました。
・・・初めてなんだから寄生も仕方があるまい。経験者なら説明せずとも事情をわかってくれるだろう。

と、いうことで挑んだ2回目。
やっと意味がわかりました。


敵多すぎwww

激しい!激しすぎる!!!(≧0≦)
自分がどこにいるのかすらわからん状態です。

つまり、みんな喋らないのではない。
敵が多すぎて(忙しくて)喋ってるヒマがない(喋れない)
、というわけだったのです!

そんな中でも「おつ」と言ってくれたあの人は、大したもんだと思うべきでしょう・・・。

←どんなに激しいかは、つべに動画が挙がっていましたので、ご覧下さい。
こちらは、FA(ファーストアタッカー)役の「バーサーカー」さんの視点です。
敵が一体だけではなく360度方向、至る所から攻撃してくるのがわかると思います。
もちろん、目の前の敵を倒しても、後ろで味方が苦戦してたら加勢するのは当然。休んでいるヒマなど皆無。

画面左下がチャット窓になるのですが、この動画を見てもわかる通り、誰もチャットなんざしてませんww
(ちなみに右下のはドロップ情報などが表示されるインフォメーション窓)

このBZでは、一箇所にとどまって乱獲するというスタイルではなく、BZ自体がひとつのミッションとなっており、マップを移動しながら、最終地点を目指すというもの。
敵の中には魔法や弓で遠距離攻撃を放ってくるものもいるし、ノックバックやスタン攻撃を仕掛けてくるヤツもいます。
途中には仕掛けや罠もあり、自分の役回りや立ち位置を考えないとアッちゅーまに即死です。

これが、初期レベルのミッションだっつーんだから驚きます。

激しいよSUNww

当然、初期レベルでは回復職の人も魔法レベルも低いでしょうし、リザレクション(復活魔法)を覚えてない場合も充分考えられます。
つまり、死者を起こしたくても成すすべがない、そんな状況もある・・・なるほど。なんとなくわかってきましたよ。
しかし、激しいかわりに、最後まで生き残るとちょっといい装備が報酬としてもらえたりします。
何に使うか不明ですが、アイテムもごっちゃり貯まってました。
そんなハードな激闘の後、しばし放心状態でしたが、

終わってみると、意外にも爽快感が!!

何なんでしょう?これはww
やっぱりまだわからないことだらけではありましたが、それでも「何これ?もう1回!」という興味がわいてくるから不思議です。
これがSUNというゲームの楽しさのひとつなのでしょう!

BZの所要時間は、内容にもよりますが15分~30分程度。
ダラダラと一箇所で続けるのとは違い、短時間集中してサクッと終わりPTは解散。
そして、また新しいBZルームに入って、新しいメンバーと戦い始めるもよし。
とにかくローテーションが早い!
余計な会話なんぞあえてイラネという感じです。

当初、会話のないPTなんてつまらないと思っていましたが、何度か繰り返しているうちに、こういう馴れ合いの一切ないPTってのも悪くはないものだと思い始めました。
逆に、会話苦手だけどPTしてみたい~なんて人にはもってこいかもしれませんネ。ひたすら戦闘に没頭できます・・・いや、そうしないと死ぬから。マジで。。