FC2ブログ


Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

MMO SUNSUNアルバム(絶景編)

≫EDIT

寄り道しながらダラダラ遊んでいるMMO「SUN」。
IN率はけっこう高いんですが、前述の通りポイント振りに数時間も悩んだり、スクリーンショット撮ったりして余計な時間を過ごしているので、レベルアップは遅いわたくし。

←実力はなくても見た目はイケてる感じなドラゴン本郷。

こんなオレ様ナイスガイと一緒に遊んでくれる方、大募集です。(ロシュフェルト鯖で待ってます♪)
現在、ビギナーサポートキャンペーン中で、新キャラを作ると便利なアイテムがプレゼントされるもよう。(はっきり言ってズルイ!くらいのかなり役立つアイテム…10月29日迄)
興味のある方は今が始めるチャンスかもですよっ!

本日は、たまったスクリーンショットから、ゲームの景色をご紹介してみようと思います。
このゲーム、本当にグラフィックすごいんで、見た目重視な方にはオススメです。



現在、キャラクターのレベルがまだ低くて、あまり遠くへ行けないので、初期段階のマップから激写画像をお届けします。
本日は主要都市(村)ベルトヘン、トリンゲル、エテレインという3つの町と周辺地域をご紹介しましょう。
←てか、この地図、韓国だよなww韓国産ゲームだからなのかは知らんが。


チュートリアルゾーンの様子。
美しい木々が生い茂るファンタジーな世界が迎えてくれます。
先日行われたアップデートでチュートリも変わり、試しにもう一度入ってみたのですが、私が始めた時のような「さっぱりわからん!」という混乱はなくなりました。
かなり親切な作りになったもよう。


トリンゲル村の様子。
RPGにおける必須ポイント「町(とか村)」!
まあ、説明はいらんでしょうが、色んな店があったりして戦闘準備をするスタート地点ですな。
モンスターも入ってこない安全地帯ですので、ここで休息やらPT募集やらをするわけです。
PCの画像処理の都合上、人が写っていませんが、実際には多くの人(プレイヤー)が集っている首都とも言えるのがこのトリンゲル村です。


建物の感じとか映画「ロード・オブ・ザ・リ○グ」してますよね。
緑あふれるホノボノな雰囲気なんですが、BGMは重々しいです。
極めてシリアスなゲームですから。


トリンゲル村を出ると紅葉の美しいザピル湖周辺。
大自然を散策するのも良しです。


ザピル湖の森を抜けてお隣のベルトヘン村。
ここの夕日(朝日かもしれんが)はいつ見てもキレイです。
画像ではわかりにくいかもですが、水面効果がホントすごい!
BGMは賛美歌のように美しく、小鳥のさえずりなんかも聞こえちゃって、ここに来ると癒されます。


次の町エテレインを目指す途中の景色。
PTの時は景色なんぞ見てるヒマはないですが、ソロの時はこんなふうに絶景ポイントを探しつつ、のんびりやってます。


こんなメルヘンな場所もあります。


野犬に注意。
とりあえずデカイので逃げるドラゴン本郷。
まだ子竜ですから・・・(´д`)

村から出ると強敵がわんさかおります。


ちなみにエテレインへのルートはもう1つあり、地下水路を通っても行けます。
こっちのが、遠回りで難しいですが。

ダークな地下を通るか、地上の大自然を駆け抜けるかはお好みで。


地下通路。
こういう直線はダッシュすると気持ちよいです。

つか、各村へは一瞬で飛ぶことのできるポーターがあるので、わざわざ自走せんくても行けるわけですが・・・。
ムダに苦労するのもけっこう好きな私です。


やっとのことでハイソな町エテレインに到着。
中央にある塔(時計台?)は歯車がちゃんと動いております。


塔からの眺め。
思えば遠くへ来たもんだと、本当に冒険してる気分になれます。


何のためにあるのか不明ですがバージンロード(?)もあります。
紙吹雪まで舞っちゃってムダに美しいです。
新たな王子(姫)が見つかったら、一緒に歩いてみたいと思います。


商店街。
ここは一番都会的な所なんですが、広すぎて移動が不便なため、利用する人は少ないのが実情。
ここは本当に人がいませんww過疎ってます。

ちなみに店のオヤジは英語で話しかけてきます。
ヒアリングの勉強にもなる・・・かもです。


以上、3つの村とその周辺の景色でした。
画像はほんの一部でまだまだ絶景ポイントは存在します。良かったら探しに出かけてみてくださいネ!

次回は、「SUNアルバム・激闘編」をお届けしたいと思います。