Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

バイオ5プレ記本編5ウェスカーチェック(2)

≫EDIT

最近はPShomeで遊ぶのがすっかりマイブームです。
ひとりでボーッとしながら人物チェックするもよし、周りの会話に聞き耳たてるのも楽し。
フレの皆さんとカブトムシ取りに行ったり(半ば強引に頼んじゃってごめんネ)、踊ったり雑談したりするのも好きだ。

←黒ウェスカー(左)とボーリングデートw
念願のボーリングもやっと遊ぶことができたんですが、初回スコア48とか出しやがる信じられないダメ男っぷりを見せてくれるBSAAクリス・レッドフィールド(右=俺)・・・orz
48って・・・リアルでも私こんな低スコア出しませんよクリス!(爆)
「未熟者め!」と隊長に叱咤されておりました。
ボーリング、人気だけあってなかなか面白いです。これは練習しに行かねば!


←あのラブシートにも座ってみました。(さ、誘ったのはウェスカーなんだからねッ!)
男2人でどっかりと濃いww
でも周りの目なんて気にしないんだぜ!
このために、黒ウェスは白衣に着替え、クリスはヒゲを剃った(一応身だしなみを整えた?)
だがしかし、ラブラブ度数46ぱーせんとという「まあ、可もなく不可もなくですNE!」的な結果が出てしまい、イマイチ納得がいかなかったクリチュ・レッドフィールド(右)。
さっきのボーリングじゃあるまいし・・・46なんて低過ぎやしないか??俺達の愛はこんな機械じゃ測れないってことだよなウェスカー?
今度はもう少しダイエットしてから座ってみようと思った。

最近マーセもせずにゲーセンで遊んでばかりいるため腹が出てきたメタボリック・クリスですが、デートしてくれる方大歓迎です♪

さて。本日は本編5-3ウェスカーチェックの続きです。
どうしても彼のセリフを気にしてしまうせいか、セリフチェックになってしまうんですけど、ここも日本語意訳が激しい所ですので、ぜひ注目してください。



愛しのウェスカー様と対面し、魅惑の鬼ごっこ(かくれんぼ)を7分間体験したその後でございます。
では、ムービーにてその様子をおさらいしましょう。
高画質で見たい場合はHQボタンを押してね。なお、日本語アノテーションはゲームで表示される日本語字幕です。


たとえ7分前にウェ様をブチのめしても、「How disapointng(超ガッカリ!)」と首を横に振られてしまいます(笑)。
結果どうあれ、クリスはご期待にそえなくてサーセン!(´∀`)って感じですね。

ウェ様のケータイ(?)が鳴ります。
まさかの着メロとかじゃなく、フツーの着信音でよかったです。
相手はエクセラでしょうか?・・・そういや、いつの間にかエクセラたんはいなくなってましたね。
エクセラ:「はやく来てン~アルバート」とか何とか言われたに違いない。


ウェ様に近づいたらジルに邪魔されたクリチュ。

ウェスカー:「大切な相棒に邪魔されて俺に手を触れる事さえできん」

手を触れるwww
ふ、触れたいwwww
どけやジル!!(≧д≦)

お、おのれジル~貴様がいなければ、俺はウェ、ウェスカーに触れたかもしれぬというのに~~・・・!!
プレイヤーはもどかしくて勝手にジタバタしていた。
まあ、先ほどの鬼ごっこで、こっちが逃げても自ら触れに来てくれてたんですけどね!ウェ様ったらね!

ここ、英語では「俺はお触り厳禁なんだぞクリス♪」くらい言ってるのかと期待したんですが、当然違いました。

←「お前の相棒がやっと現れたのだ。そのままにしといてやろう」くらいですよね。

日本語すげー意訳しすぎじゃんwwwてか、全然違うし!!(腐女子が誤解(妄想)するぞ!)

うーん。あえて遠まわしに考えると、「I'll leave you two to catch up」の部分、catch upがこれまたどういう使い方なのか少々不明だったんだけれども、ウェスカー自身に対してのcatch up(追いつく)だとすると、「追いつく要素を残しておいてやろう=また俺を追いかけて来てネ♪」みたいな意味にもならんかなとか・・・??
・・・だったら少しオイシイんだけどナwなりませんか?そうですか・・・。
catch up with her(=Jill)とでもちゃんと言って下さいウェスカー!じゃないと誤解するんだからねッ!


ウェ様の楽しい英語講座はまだまだ続く。
クリスの呼びかけに錯乱し始めたジルに対して「この状態でまだ抵抗する力があるとはな」の部分も、「Remarkable!(注目すべき)」と驚いてます。

この「リマ~カボー!」は私的にトロフィー進呈だなw
そしてその後、「Commendable, yet futile!(でも操作できちゃうからムダ!)」と続く。
リマ~カボーとコマンダボー、韻を踏んでて詩的なんではなかろうか?(もしかするとダジャレ的な?)
何となく聞こえ方が楽しいと感じた人も多いかと思う。
この流れるようなダグラスボイスのフレーズはリマ~カボーですので、何度も聞いておきましょう。
というわけで、直訳すると、

ウェスカー:「彼女がまだ抵抗するなんて~えぇえぇ~かなりすごいと思う~うぅう~でも操作できるからムダ―――!!あると思います!(ポチッ☆)」

って感じで詩吟調だと思う。(それはない)


秘密のケータイでジルを操作し、「せいぜいジルと楽しむがいい」と行ってしまうウェ様。
何を楽しむのwwwとまたバカな思考能力がイチイチ反応してしまったが、ここも実際のところは
←「ジルの苦しむサマを見て楽しめ」とストレートにヒドイ事言ってたんですね(´д`)。
・・・でも、これぞ冷血悪党って感じだよね。

そして、去り際にちょいっと手を振ってるのがカワイイです♪


とまあ、ウェ様はジルを残して行っちゃうんですが。

真の戦いはここからだったってわけで・・・(´д`)

戦いと言っても、話の流れからすると、クリスはジルを助けたいわけで、攻撃はしちゃいけないんですね。
とは言っても洗脳されてるジルは攻撃しまくってくるというわけで・・・。
両手マシンガンにスライディングにフランケンシュタイナーに姑息なしゃがみキックにと、ジルはいいだけクリスを攻撃してきやがります。

そんなジルを助けるためには、いかにもコレです!外して下さい!と言わんばかりにジルが見せ付けてくれた胸の装置を取り外さねばならなく。

シェバたんと連携で、ジルを取り押さえつつ、胸の装置を破壊すべく狙います。


結局どうやって装置を外すかと思えば、そのまま素手で装置を引き剥がすだけという・・・

単純にして豪快な荒療法(゜д゜;)!!

こんな大雑把なことでいいのだろうか?・・・うん。いいらしい。


ここ、話を聞くだけなら簡単そうなんですが、かなり難しいんですよね!><
ベテランモードまではわりとあっさりなんですが、プロモードになるとこのジルステージは鬼!ジルが鬼!
何度あの鬼ババアジルにやられたか知れないクリス&シェバ(TдT)!
プロやった人なら誰しもこう感じたのではないだろうか?

バイオ5で最強はジル!

うん。ウェスカーでもなくジルが一番最強で最凶で最悪!
ここはCo-opで上手な人に手伝ってもらっても、お互いの連携ができないとクリアはきつい。
ボタンアクションでの”避ける”がどうにも苦手な私は、ジルの反撃を回避することがまずできないので、”引き剥がす”に失敗したらもうアウトでした。
300回くらいジルに殺されたね!(体感)

ホント、悪いがこれでジルが嫌いなった・・・。

そんなこんなで、何とかジルから洗脳マシンを取り外すと、途端に正気に戻ったジル。

ジル:「ごめんなさい・・・意識はあったの。でも逆らえなかった」

ほんとかよ?(´д`)

テメー何度俺様殺したと思ってんだよビッチとか内心思ってたプレイヤーだが、劇中のクリス&シェバは優しい眼差しであっさり許してしまう。

この後入手できる「ファイル」によれば、スペンサー邸での一件でウェスカーと共に崖下に落ちたジルは、ウェスカーによって助けられていたのだとか!(正確には捕まったというか)
しかし、ウェ様のマッドサイエンティスト魂(?)により、ウロボロスウィルスの実験体にされ、洗脳されてしまった・・・超人的な身体能力や、髪や目の色がかつてのジルと違うのは、ウィルスの作用によるものらしい。

とにかく、これでジルの奪還は成功。「消息不明のかつての相棒を見つける」というクリスの目標は成就されたわけだ。
めでたしめでたし!・・・かと思えば、ジル姉さんが新たな任務をクリスに言い渡すのです。

ジル:「私はいいから2人はウェスカーを追って!奴を止めないと!ウェスカーがウロボロスをばらまけば、世界は終わりよ!」
クリス:「わかってる。だが、」
ジル:「私は大丈夫!だからウェスカーを止めて!クリス!あなたしかいないの!」

ウェ様にはクリスしかいないってことですねわかります。

まあ、問題はあなたが大丈夫かってことじゃなく、クリチュがそう簡単にウェ様を止められるかってことだと思うんですよジルさん・・・。
ここは英語でも同じように姐さんはハッキリ言い切ってました。

Jill:「You need to stop him! Chris! you're the only one who can!」
(あなたは彼を止めなければならない!クリス!あなたはそれができる唯一の人よ!)

ナンバーワンよりオンリーワンってやつですね!!
他の誰でもなく、クリス限定ってことですね!!
ウェスカーにはクリス限定!!!ジル公認ってことでおK??
そこまで言われちゃ行くしかないし!(言われなくても行くんだし)

しかし、ホッと一息ついた矢先、傷つきながらも助けを請わずに、行けと言い切るジルはさすがですな。漢前。
長年パートナーとして一緒に活動してきたクリスとジルですが。
まあ、男女なもんですから当然、恋愛感情の有無を勘ぐっちゃうわけですがね。(男女じゃなくても考えちゃうけどな)
当初、あまりにもジルジルと叫ぶクリスに、もしかしたらクリスはジルが好きなんじゃね?とも思ったが、この様子から見るとこの2人は恋愛関係にはならなそう。
少なくともジルにはその気はなさげだよね・・・(´∀`)。
完全に親友というか戦友って感じ?
でも、男と女で親友なんてありえるのかってハナシもありますが~??


ジルとは逆に、せっかく再会したのに何だよ的なクリスの顔がちょっと切な気で寂しそう(かわいらしい)でもあり・・・。
だって、クリスはジルを助けるためにここまで来たんだからね(ウェスカーに会いに来たのはあくまでもプレイヤーである)。


そんなクリスの背中を押すジル。
シェバには「彼(クリス)をお願い」と、もはや姉さん女房的な気遣いを言い渡し、2人を見送る。

「あなた(達)は、これを乗り切るたったひとつの希望よ」とつぶやいておりました。

どうやら、クリスの肩には世界がかかってしまったらしい・・・(´д`)。


一方、次に追われる身となったウェ様はどうしたかというと、でっかい船に乗り込んでおりました。


そこでクリスが見たものは・・・!!

巨乳ちゃんと仲良くサングラスかけて歩くかつての元上司の姿!!


とんだグラサンカップルの光景に思わず嫉妬し、

クリス:「これ以上好きにはさせん!!」
(←こんなの終わらせるべきだ!)


と船に飛び乗るのでした・・・。