Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

バイオ5プレ記本編6ウェスカーチェック(1)

≫EDIT

←髪かきあげなウェスカー。悩殺ポーズ。久々に色塗った。

連載してるアルバートさんとウィリアム君の漫画ですが、バイオ5によってまた新事実が発覚(というか追加)してしまったため、考えてた構想を変更しなくちゃならなくなりました(´д`)。
どうせ勝手な創作なんで、好きにシナリオ考えればいいんですけど、やっぱ知ってしまったらねぇ・・・というわけで、滞ってます。
っんとに、後になって「実はこうでしたー!」みたいな追加が多くてヤよねバイオって・・・。

その間バイオ5プレ記を先に終わらせちゃおうかと。
最終チャプター6はウェ様のターン!!
今日は6-1最後に見れるウェ様の重要ムービーをチェックします!新・事・実☆発・覚!
(※バイオ5ネタバレありあり)



小悪党アーヴィングを追うだけのはずが、いつのまにやら大悪党ウェスカーが釣れてしまったという流れになったバイオ5。
「あっちから見つけてくれるから大丈ブイV」なんて余裕なセリフを吐きつつも、内心は穏やかじゃないクリス・レッドフィールド(35)はウェスカーを探して巨大タンカー(船)の中へ。
だけど、そこは勝手知ったる元上司アルバート・ウェスカー(48)。ちゃーんとカワイイ元部下のことは見守っておりましたヨ♪
物語はそんなシーンからです。動画でおさらいしましょう。




それでは以下細かくチェックしていきましょう!

追いかけはしないものの、ウェ様もクリスが気になるのは確かなようで。

前後横からとクリスを3方向モニターでガン見してました。

ウェスカーのクリスを隠れ見・・・これもシリーズ通してお決まりですね!
こうやって、ウェ様はクリチュをジロジロとニマニマと監視カメラでチェックするのがもはや趣味と言っても過言じゃなかろう。
しかし、こんなに撮られていながらまったく気づかないクリスはどうしたものか・・・。

ウェスカー:「やはり来たな・・・始まりの祝いだ。死に場所を用意してやろう」だなんて、英語でどう言うのかと思ったんですが、

Wesker:「So you've made it this far...Too bad you won't make it much further.」

何だろう?意味がさっぱりわからんですw(^^;)どなたか教えて下さいお願いします。あなたならどう訳しますか!?
明らかに日本語はかなりの意訳がされてると思うんですが?
mede(make) itとfar/furtherが対になってて面白い文章じゃないかなと感じてるんですが、それが何を指してるのかわからん・・・。

で、妄想大魔王の考えはこれだ!(わからなくても一応自分なりの回答を考える)
↓↓
直訳:「お前はこの距離を作った(やってのけた)・・・(船内限られているので)これ以上さらに遠くはならないのが残念」
↓↓
意訳1:「よく来れたものだ・・・逃げないとは愚かだな」
意訳2:「俺たちの仲の溝を作ったのはお前だぞクリス・・・もはや修復できないくらいにな。残念だよ」(this farを2人の距離=仲と無理矢理考えたとして・・・ありえないか。どうしてもヘンな方向に考えたいらしい自分。)

--------------------
(後日追記)この部分の訳を読者の方に教えてもらいました!ありがとうございます。

<原文>So you've made it this far...Too bad you won't make it much further.

「ほう、ここまで来たか・・・これ以上先へは行けないとは残念だ」(ちぇりこ様訳)
(と、明らかに残念がっていないウェスカー(笑))

「やはりここまでだどりついたか・・・また貴様に邪魔されるのだろうな」(julie様訳)
(今までクリスに邪魔されてきてるので、遠くならないのが残念だ=お前ちょっと離れてよ的な意味で)

「(オレは)お前のおかげでここまでこられた・・・だが気の毒なことに、お前にはもうオレを止めることはできない」(十六夜様訳)
(this far=ここまで来る、you've made=君のおかげ、make it =なんとかする、much further=それ以上と訳して)

「ふん、こんな遠くまで来ることができたか…気の毒だが、それ以上遠くに行くことはないだろう」(ナノカ様訳)
(ここで終わりになるんだからねっ!という意味で)

なるほど~!解釈の仕方は色々あるようですが、これで意味はわかった!ありがとう!
「死に場所を用意してやる」という日本語字幕は雰囲気に合わせて作られたセリフで、英語とは明らかに違うというのは確かですネ。
この他、「私はこう訳したよ」というご意見も大歓迎です。
--------------------


でもここは重要シーンじゃないんです~(≧3≦)!
ここは、ウェ様が振り返るスペンサーとの過去が重要なんですよね!
バイオ史上11年目にしてついに素顔を見せたスペンサーにも驚きですが、今回のバイオ5でウェスカーファンには最も重要となる、新事実発覚の問題シーンです!

ウェスカーチルドレン!!

少し前に流行った「小泉チルドレン」みたいな言い方しないでスペンサーwww
しかし、これでウェスカーの生い立ちが判明するという重要な発言です。赤線要チェック!テストに出ますよ!(何の?)
クリア後に入手できるファイルにはもっと詳しく書かれておりますので、併せて振り返ってみましょう。

つまり「ウェスカー」というのは、
スペンサーの野望=新人類創造計画のために”作られた人間”・・・世界中から優秀な遺伝子を集め人為的に掛け合わせて生まれた子供(試験管ベビーなのかな?)・・・1人じゃなく世界中に多く存在したってことなんですね!?
当時の担当研究者がたまたま「ウェスカー」という人だったから、「ウェスカー計画」と呼ばれ、手っ取り早く子供達全員ウェスカーて苗字をつけたとかって・・・大雑把なー!(≧д≦)

ウェスカーチルドレンは英才教育を施され世界各国に散らばり、様々な職業・役職について生活実験されていた。
その中の一人が「アルバート」。我らがウェ様です。
てことは、世にはマイケル・ウェスカーとかピエール・ウェスカーとかロドリゲス・ウェスカーとか、上須加太郎(日本在住)とかもいたかもしれないってことですな!?
もしかしたら、ウェ様の兄弟姉妹なんかがいた可能性も・・・!?(゜Д゜)

これって、けっこうショックでした・・・。


でも一番ショックだったのは、ウェ様ご本人ですよね・・・(´д`)

超人的な力を手に入れるために自ら投与したウィルスも、実はスペンサーの計画・実験・策略のひとつ。
ウェスカーチルドレンはある時、全員何らかの形でウィルスを投与され、もっとも優秀な個体を選別するために「ふるいにかけられた」んだとか。
そこでほとんどのウェスカーがウィルス非適合で死亡し、生き残ったのが、アルバートさんだった・・・!(スペンサーはアルバートさんただ1人だけ生き残ったと言っていますが、ファイルだと数名いたような書かれ方・・・今後の伏線残しか?w)

ウェ様が投与したウィルスは、てっきりバーキン博士が(趣味で)作ったG改良版かと思ってたんですが、そうじゃなかったんですね。(ファイルの書かれ方によるとバーキンはただ渡しただけっぽい(´д`;))
ウェ様が投与したのはG系じゃなくて始祖ウィルス系ってことかな?

この辺り、私が描いてるバイオ漫画でもそろそろ描写しようと思ってた矢先、こんな新事実を知ってしまい、どうしようかと・・・><
おかげで構想の練りなおしでござんすよ~。


スペンサー閣下も勝手なものです。
バイオ1リメイクの公式に「ウェスカーズリポート2」なるものがありますが、そこでまだ研究員だったウェ様が「スペンサーが採算に合わない研究を続ける理由は何か?」と疑問を持ち始めるのですが、その答えがここだと思われ。
結局、商売目的なんかじゃなく、
←「人類の生存競争で優位に立って新世界を作る」のが夢だったようです。

このあたりは、ゲーム以外の資料を見てないとサッパリな部分ですよね。
ほんとバイオて、後付け資料が多過ぎるから~。細かく知りたい人は後で読んでおいて~的なファイルとか多過ぎ。
ま、それを全部ゲーム中に盛り込んだとしたら、MGSみたくやたらムービー長いゲームになっちゃうんだろうねw


今までウェ様がスペンサーが気になって仕方なかったのも、それは”そういう仕組み”だったから。
スペンサーが気になるように追跡装置(遺伝子操作)が施されていたって言うんだから・・・(≧д≦)エェー??
つまり、万が一ウェスカーチルドレンが目の届かない所へ逃亡しても、自ら戻ってくるように安全装置が付けられていたって話です・・・なんて都合のいい話w
この取って付けたような設定がもうね・・・(´_`)

・・・というわけで、まんまとスペンサー閣下の前に現れちゃったアルバートさんなのである(´д`)

自分はスペンサーにより作られた人間だった・・・しかも彼の独裁的な計画のため生み出され、今まで監視され続けてきた・・・タイラントに自らを襲わせて死を偽装してまでアンブレラを欺いたはずが、戻ってくることすら予想されていた・・・何をやっても全てはスペンサーの掌で弄ばれてるにすぎなかったのか・・・?
ウェ様も何だか腹が立ってきたようで。


スペンサー閣下はというと、アルバートさんの”出来栄え”には満足してたご様子。
お前という才能を創り出せただけでも意義はあった」という部分、読み解くと

←「(ラクーン事件後)計画が停滞したにもかかわらず、おまいさんの才能はすばらしい意義を持ったままだった=いい働きをしてくれたな」

つまり閣下は、アンブレラ崩壊後自分の元を離れたウェ様の動きまで完全掌握していたという感じの発言なのですね!
その後のウェ様の活躍を聞き、改めてgreat significanceスゲー意義(有意性)を感じ取ったと。
そう、まるで、スペンサー:「実験は成功だ!私のためにありがとう!」的な発言!!

うーん・・・アンブレラを去った後、ウェ様の監視役がいたとすれば、それはエイダじゃないかなと思えてきたな・・・。
エイダ=スペンサーが派遣したスパイとかどう?あの女ならやりかねない。


ちなみに「私の寿命もあと僅かだ」の部分は

←「今私のロウソクはかすかに燃えている=私のともし火もわずかだ」

寿命をcandleロウソクに例えるのは世界共通なんですネ。


ここでスペンサーは「神の資格を持ちながら肉体の限界に逆らえぬとは皮肉なものよ」と言いながら無理して立ち上がるのですが、何故わざわざ立ち上がるのか不思議に思いませんでした??
そこで英語字幕をチェックです。

「Ironic, isn't it? For one who has the right to be a god! To face his own mortality...」
(皮肉なものだな・・・神の資格を持つ者が、自らの死に直面している)

と客観的に述べてウェスカーを見てるんですね。
「肉体の限界」とは一言も言ってません。mortality=死すべき運命。つまり運命感じちゃってるんです!
スペンサーはウェスカーに殺されるのを覚悟して、立ち上がったってことじゃないすかこれ?
日本語字幕で見てた時は、不意をつかれて殺されちゃったんだなと思ってたのですが、こうして英語を見るとまた違ったシチュエーションが見えてきますね。


そんなだから、閣下をヌッ殺してしまうウェ様。
そして耳元でこの一言。

ウェスカー:「神か・・・なるほど。俺が引き継ごう」
←That right is now mine.
(その資格はもはや俺のものだ)

たまりませんね!!(≧∀≦)
ここは日英ともにトロフィー進呈ですな!!ウェスカー名言集に入れておきましょう!

しかし、この口の動きのリアルなことよ。舌の動きまで忠実に再現されてるのでもうエロくてエロくて、耳元で囁かれてジジイも思わず昇天だ・・・ゲフォン。英語の発音練習にもお役立ち、かもしれません。


横たわる閣下を見下ろして吐き捨てる言葉もいいですよ!

日:「神の資格?笑わせるな。貴様にはそれを口にする資格すらない」
英:「神の資格?お前が?死に際まで横柄だな

どっちが横柄なんだかwww
元アンブレラの人ってみんな横柄つーか自己中だよね。


で、この後さっさと帰ればいいものを。
マッタリしてたもんだから突入してきたクリス&ジルに出くわしちゃったというわけです。

ちなみに、さすがにこのタイミングで乗り込んできた2人に対して、ウェ様も運命感じたらしいですw(ファイルにそう書いてあった)


回想後、ウェ様はちょっと首をかしげる。
スペンサーを殺害した時はまだ「ウロボロス」も完成していなかったはず。

つまり、「俺が引き継ごう」なんて、何となく勢いで言っちゃった感じが・・・??(笑)

そもそも、この人「神」などという目立った地位をほしがるタイプじゃないと思うんだよなぁ。
そう。ウェスカーて人の今までの活動スタイルは「暗躍」。
陰で糸を引き、言うなれば霞ヶ関の官僚みたいな役回りで力を発揮してきた。つまり表立ってリスクの高い真似はしなかった人だ。そこがこの人のズルくも賢いと思わせる部分であり、そのヘンの一発屋で終わる悪党とは違うところだったはず。

それをいきなり「神」とか大それた事を言うなんて・・・私的にはちょっと意外だった・・・。

ま、今まで影で活動して結局何がしたいのかイマイチわからないままだったウェスカーだったので、その結論を出すという今回のバイオ5ではあるのだけど。
結局「神になる」とか・・・結局ありがちな三流悪党と同じじゃねぇかなと・・・(´д`)何かガッカリ感が。
上手く説明できないんだけど、何となくわかってほしい。

気になって仕方なかったスペンサーの「真意」を知ることはできたウェ様。
でも彼に対する対抗心があったということなのか・・・スペンサーを超えるには、彼の目指した野望を自分が実践してみせること・・・そう思ったのかもしれない。
または、「神になる」なんて思ってなかったけど、自分がやろうとしていることは、手段は違えどスペンサーと同じでそう代弁できると気づいたからかもしれない。
はたまた、もっと単純に、スペンサーが新世界を作るなんて言ったのをヒントに、「じゃ俺がその名案をいただいちゃおう~♪」と思いついちゃったのかもしれない。

何にせよ、「神の資格」という言葉に、ウェスカー自身も不安というか疑問を少なからず持っていたというのが、この最後に首を傾げるシーンにあったと思うんだ。

ま、何だかんだ考えたが、私なりの仮説は、

ウェスカー:「もう俺も48歳だしね・・・そろそろデカイことやっとかないと、スペンサーのようにジジイになってからじゃ遅いしネ!」

というわけで、いきなり決起したんだというのが有力です(笑)。