Entry 目次

只今コメントには返信できませんがツッコミ大歓迎です(゜∀^)/
Reproduction or appropriation of HTML, images and comics from within this blog(site) is prohibited. Do not use my works without permission.

雑談あれから3ヶ月

≫EDIT

癒し担当アルバート・ピーコ(セキセイインコ)の話。(前回はこちら)
我が家に迎えてから3ヶ月経とうとしております。

←好物のブロッコリーを取られまいとさり気に足でガード。
じっとしてくれないので、写真撮るのが大変。カメラに寄ってきてしまうのでピンボケばっかり。近過ぎ。



生まれつき難病におかされていることが判明したピーコ様。
現在もなお通院と闘病生活は続いておりますが、本人は至って普通、見た目に元気です。
ただ、病気のせいで羽は生えても抜けてしまい、未だに飛ぶことはできません・・・(´_`)

闘病生活と言っても、普通の鳥の飼い方と同じで、ただ飲み水に薬を混ぜるだけというお手軽療法。
当初、薬を飲んでくれるかと心配していたもんですが、

←相変わらず薬の入った水入れに頭を突っ込むダイタンさでして・・・^^;


←いつもこのようにずぶ濡れ状態のアルバート・ピーコたんであります・・・(´∀`;)

すでに薬欲の域・・・飲み過ぎ。
そんなに水浴びしたいなら専用の水入れを置いてやりたいところなんですが、そうすると薬を飲まなく可能性があるので、置くことも出来ず。


野菜全然食べなくて困っていたんですが、ブロッコリーは大好きならしく。

飲んだ後にはブロッコリーをモリモリ食ってます。


病院へは薬が切れると、追加をもらうついでに健康診断をしてもらう程度なんですが。
ところでその病院。
動物病院に行ったことのある人ならおわかりかと思うんですが、ここでは患者はあくまでもペットの方なんで、カルテにはペットの名前が書かれるわけですよ。

初診の時、ペットの名前に「アルバート」って書こうかそれとも「ウェスカー」って書いてしまおうかと、一瞬手に汗握りスゲー迷ったのはいうまでもありません。

でもやっぱり勇気がなくてですね、「ピーコ」と超無難なのを書いてしまったんですよ・・・アア、やっぱダメ、書けねぇ(≧∀≦)みたいなね。
何かちょっと負けたかなと思ったんですけど(何に?)。

で、診察を受けるのもペットの方なんで、呼び出しも飼い主の苗字とペットの名前で呼ばれるんですよね。
「本郷○○ちゃ~ん。どうぞ」みたいなね。

「本郷アルバートちゃ~ん」なんて呼ばれなくてよかったよwwwといつも待合室で苦笑してるのは言うまでもありません。

照れ過ぎるだろ・・・。

しかし、「ピーコ」なんて無難な名前すぎるのもまたちょっと恥ずかしくてですね。
「本郷ピーコちゃ~ん」って呼ばれるわけですが、すると待合室で待ってる人たちに「ちょwwwピーコだって!ベタすぎ(笑)」みたいな視線を一瞬感じるのは気のせいかな?^^;
何か一瞬、クスッっと笑われているような気がしてなりません。

まあ、犬にしてみればポチ、猫ならタマってつけてるようなもんですからね・・・。

ところで、その病院で。
ピーコは買ってきたペットショップですでに病気に感染してたわけですけど。
そのペットショップの人もその病院に来てました・・・(´д`)
店名呼ばれて何やら話していたので間違いありません。

あれから一言言ってやろうと思い直して、その店に行った時はセキセイインコのヒナ販売はすでにされてなかったんで(たまたま売り切れだったのか、販売停止したのかは不明だが)きっと誰かが私より先に忠告したのだろうと思ってましたが。

やっぱりなコノヤロウ・・・と思いました。


続→「あれから1年」